梅雨のシーズン。犬にレインコートを着せよう!


少しでも犬が濡れないように「犬用レインコート」

雨の日は散歩なしという犬もいますよね?

超小型犬や小型犬なら、たまの雨の日に散歩をしないこともアリでしょう。

ただ梅雨時期のように、毎日毎日雨の日が続くと、愛犬に散歩に行かないと言い続けるわけにも行かなくなったりします。

小雨のうちにささっと行ってみたり。

そして、タイミング悪く、出てしばらくすると本降りの雨になったりすると、一気に疲れてしまいます。

そこでもし、犬がレインコートを着ていたら、足先や顔は濡れてしまうかもしれませんが、体のほとんど濡れなくて済むようになり、家に帰ってから、飼い主さんが犬の手入れも楽になりますし、犬の方も、毎回全身濡れることがないので、ストレスの軽減になります。

犬のレインコートの種類

犬のレインコートには、様々な種類があります。

犬用レインコート 形

まず形からいうと、ポンチョ型、パンツなしのジャケット型、四つ足に全て袖があるつなぎタイプのレインコートとあります。

犬用レインコート 素材

そして素材も年々新しいものができてきて、レインコートなので、どれもウォータープルーフなのは変わりませんが、シャカシャカ音のするレインコート定番のナイロン素材のものから、シャカシャカという音に、犬がストレスを感じないように、音がしない素材のレインコートというものまであります。

犬用レインコート お勧めのタイプは?

まず、ご自身の犬が洋服を着ることに慣れているのであれば、どんなデザインでも抵抗なく着られると思いますが、洋服を着たことがなかったり、どっちかというと苦手という犬には、脱着が簡単なポンチョ型をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です