チワワに避妊手術は行うべき?避妊・去勢のメリットとデメリット


生殖器の病気を未然に防ぐことができる

チワワに限らず犬や猫に避妊・去勢手術を行う目的は、第一に望まない妊娠を予防することが挙げられます。

しかし最近では、手術によって子宮や精巣などの生殖器の病気にかからなくて済むというメリットが大きな目的となってきています。

また、ホルモンによる病気や性格の変化も抑止できることから、結果的に長生きできるケースも多く見受けられます。

これらの病気は、シニア世代になってから発症することが多いものです。

若くて健康なチワワにメスを入れることには罪悪感を感じるかもしれません。

しかし症状によっては年齢のせいで手術ができなかったり、発見した時には手遅れになっていたりすることもあります。
何より愛犬が病気で苦しむ様子は飼い主さんにとっても辛いものです。
避妊・去勢手術によって未然に防げる病気もあることを知っておきましょう。

全身麻酔の負担がある

次にデメリットですが、避妊・去勢手術では全身麻酔を施します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です