トイプードルの子犬への餌の与え方


子犬の好みに合わせながら与えて下さい。
生後6か月を目途に、与える回数を1日2回にします。

生後6か月までは成長期なので量を減らす必要はありません。
回数だけを減らして下さい。

トイプードルの子犬への餌の与え方~生後6か月~8か月

トイプードルは生後8か月ぐらいで成犬のサイズになります。

体重をこまめにチェックし、体重上昇が緩やかになってきたら食事量を増やさないように気を付けましょう。

この頃から成犬用のドックフードに切り替えます。
回数は成犬になっても1日2回がベストです。

見た目が小さく可愛らしいのでまだまだ子犬のように感じますが、トイプードルのような小型犬は成犬になるのが早いです。
与え過ぎは肥満の元なので気を付けて下さい。

トイプードルの子犬の餌やりで困った時は?

トイプードルの子犬に餌を与えていく中で、どうすればいいのか悩むことも出てきます。

そこで、よくある困り事と解決方法をまとめました。

しかしどうしても解決できない時は、獣医や子犬の購入元に相談すれば安心できることもよくあります。
誰もが悩むことなので、あまり気に病まずに子犬育てをしていきましょう。

トイプードルの子犬の餌やりの注意点① 食べムラがある、食べない

それまでよく食べていたのに急に食べなくなったりすることもあります。

愛犬が元気そうにしているのなら、あまり心配しなくても大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です