室内犬にとってサークルは必要なの?


生活圏を分けたいとき

自宅に部屋がたくさんあれば犬専用の部屋なども用意できますが、あまり現実的ではありません。
犬は飼いたくても人間と犬の生活圏を一緒にはしたくないという時は、サークルを利用しましょう。
後から拡張することができるタイプのものもあるので、ある程度の広さを確保することも可能です。
広いスペースをとれるならば、その中で犬と一緒に遊ぶこともできます。

来客がある時に

必ずしも家を訪れる人間が犬を好きとは限りません。
別の部屋に移動させることができればいいですが、できない場合にはサークルに入れましょう。
犬自身ある程度自由にできる空間ができるので、近づいて叱られるよりもリラックスすることができます。
飼い主も来客に対して大きな迷惑をかけることなく過ごせるので、まさに一石二鳥でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です