なぜ犬に服を着せるの?それって意味あるの?


犬が洋服を着るといいこといっぱい!!

そもそも犬には被毛があるし、昔から犬は何も着ないのが当たり前なんじゃないの?なんて声がありますが。
人の暮らしが日々変化しているように、犬の生き方も人に合わせ、変化し続けているのです。

洋服はオシャレが目的だけではなく、いろいろな役割を果たしているのです。
どんないいことがあるかご紹介します。

寒さから犬を守ります。

現在日本ではいろんな犬種の犬が暮らしています。
暑い国出身の犬にとって、日本の冬は寒すぎます。
まして小型犬は小さいので、自分の体温をキープするのも大変です。

ヘアレスの犬やシングルコートの犬も直に寒さを感じやすく、寒さには弱いです。
そんな寒さに弱い犬たちも、散歩には行きたいのです。
震えながらの散歩は健康に良くありません。
そこで必然的に防寒着が必要になります。

暑さから犬を守ります。

最近では猛暑が続く日本です。
暑い日こそ洋服はいらないでしょうと思われがちですが、犬たちの皮膚は人よりも薄くデリケートです。
直射日光から皮膚を守るのにも洋服は活躍します。

夏場はどんなに時間をずらして、早朝や夕方に散歩に出たとしても、その他の季節より紫外線は強いです。
犬の1番怖い病気として知られるメラノーマがありますが、洋服を着ることで、そんなリスクを少しでも軽減することができます。

そして夏は虫の季節。
虫からも守ることができますね。
どんなにフィラリアの予防をしていても、犬も蚊に刺されますし、刺されると痒いです。

最近多い、アレルギー犬を守ります。

昔に比べ、人もそうですが、アレルギー持ちの犬というのも最近増えています。
アレルギー体質の犬は、いろいろなものにアレルギー反応を示すので、春など花粉が飛ぶ季節は本当に大変です。

人のように犬は、毎日シャワーを浴びるわけにいきません。
けれど洋服を着ることで、せめて顔やしっぽ以外の部分を隠し、花粉や黄砂などのアレルゲンから守ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です