お留守番の時に吐いている!犬の危険な吐き方はこれ!!


吐き出したものを確認する

 

外出先から帰ってきて元気なはずの愛犬が吐いていたら、どうしたらいいか焦ってしまうのではないでしょうか。
そんなときは、まず犬が吐き出したものをよく確認するようにしましょう。

嘔吐物の色や混入物の有無、血液が混ざっているかといったことを記録し、できれば写真も撮っておくことをおすすめします。

そうしておくことで、もし診察を受けることになったとき、獣医師にそのときの状態が、より具体的に伝わりやすくなるからです。

病気が原因で吐いたときと、一時的な要因で吐いたときとでは犬の様子が違うほか、嘔吐物の状態も大きく異なります。

そのため、それらをしっかりと観察した上で、適切な対応をすることが大切です。

黄色や白い泡を吐いたときの原因は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です