犬が笑顔を見せる?犬が笑うときには実はこんな理由があった!


犬,笑う

犬は笑うのか?

犬は笑います。

決して、ワハハハハや、ケラケラケラと声を出して笑うことはありませんが、犬は、口角を上げてニッコリしたり、さらに大きく口を開いて、舌を出したりして、笑うこともあります。

その時、犬の目を見てください。

目も細まり、笑っているのがわかります。

あの笑顔を見せられたら、あぁ、犬を飼って良かったと心から思い、癒されます。

でも実際、犬はどんなときに笑うのでしょうか。
笑顔の理由に迫ってみましょう。

犬が笑う理由① 飼い主の真似

子犬は親犬の行動を見て、それを真似しながら成長するといいます。

あなたの愛犬にとって、親犬はあなたそのものなのです。

当然、常日頃の言動を目で追い、表情の1つ1つを観察しています。

あなたがいつもニコニコして犬に接し、撫でてあげるとき、犬はその時間がとてもお気に入りで、大好きな時間になるでしょう。

そして、そんなあなたの顔を犬はしっかりと学習しているのです。

一生懸命、大好きなあなたの笑顔を学習し、やがて、あなたに笑顔のお返しをしてくれます。

それは、「大好きだよ」と言ってくれているみたいですよね。

犬が笑う理由② 服従の表れ

この時の笑顔は、ちょっとタイプの違う笑顔になります。

犬が、「私は、あなたに従いますよ〜」っていうとき、ゴロンッとお腹を見せることがありますよね。

それと同じように、犬が口角を引いて笑顔を作っているときには、服従を表しているといいます。

この表情を見せるときには、決して犬は牙を見せません。

服従心の表れですから、とにかく攻撃する意思がないことを犬は、アプローチしているのです。

一方、この笑顔を作るときは、どちらかというと、嬉しいとか幸せという感情からの笑顔ではなく、「あなたには敵いませんよ〜」という降参の意味もあるので、ストレスや恐怖心も含まれているかもしれません。

犬が笑う理由③ 楽しいとき

犬は人間と同じで、楽しいときや嬉しいときに笑顔になります。

大好きなご飯やおやつをもらうと、ついつい嬉しくて、顔がニコニコになります。

大好きなあなたや、大好きな犬友達と、ドッグランや広場で思い切り走り回って遊ぶときも、これほどない無垢な笑顔を振りまいています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です