【動物看護士が解説!】トイプードルの妊娠期間と注意点について


妊娠期間はどのくらい?

犬の妊娠期間は、交配をした日から数えて約63日です。
約2ヵ月の妊娠期間を経て、出産となります。
人間と比べるとかなり短い期間なので、愛犬の初めての妊娠となると、びっくりする人も少なくありません。

妊娠をさせたくて、交配をしたというトイプードルなら交配日が大体予想がついているので、そこから数えると、出産予定日が分かります。
しかし、同居犬や他の犬とかかってしまったというような、お腹が大きくなってから気づいた場合の妊娠は、交配日の予想がつきませんので出産予定日も分からなくて困ってしまいます。
このようなケースは、動物病院へ行って診てもらうと、大体の出産予定日の予想はしてもらえるでしょう。

出産予定日が大体わかれば、妊娠の時期ごとに気をつけることができるはずです。

トイプードルの妊娠初期・中期の注意点

妊娠初期とよばれる期間は、交配日から約21日までのことを指します。
この時期は、人間と同じようにつわりの症状がみられます。
味覚がかわったり、食欲が無くなったり、嘔吐したりします。
しかし、個体差はありますので、何もなく過ごしている犬も多いです。
妊娠中期は、妊娠22日目から42日目までのことを指します。
妊娠中期となると、初期のつわりが落ち着き、お腹も少しふくれてきます。
人でいう安定期に入りますので、神経質になりすぎずに様子を見てあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です