獣医師が解説するノミアレルギー性皮膚炎 


好発犬種

ノミアレルギー性皮膚炎は、特にどの犬種がかかりやすいということはありません。
ちなみに、猫でもみられる疾患です。
年齢的に、アレルギーが成立するまでに複数年は要するため、3〜6歳齢以降の夏から初冬にかけて発症悪化がみられることが多いです。

病気の定義

ノミアレルギー性皮膚炎の定義は、ノミやノミの糞の証明に関わらず、ノミの唾液中の抗原に対する過敏反応です。
混同しがちなのが、ただノミに刺された限局的な皮膚病もノミアレルギー性皮膚炎と考えがちですが、これはノミ刺症であって、ノミアレルギー性皮膚炎とは呼びません。

また、ノミアレルギー性皮膚炎は、ほんの一匹のノミに刺されただけでも非常に痒みを起こすので、ノミがペットに見つからないからといって、この病気を否定することは出来ません。

症状

症状としては、非常に強い全身的なかゆみがあげられ、おうちで四六時中ぼりぼりと体を痒がっているといった場合は、注意が必要です。
特に腰から下にかけての後躯の痒みが強く認められることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です