愛犬と一緒に楽しめるハロウィンイベント! 2019/東日本編


「野毛ハロウィンパレード2019」
  • 開催日時:ハロウィンウィーク2019年10月11日(金)~26日(土)/ハロウィンパレード2019年10月26日(土)
  • 参加料金:要確認
  • 住所: 神奈川県横浜市中区野毛町1丁目51 野毛商店街
  • ホームページ: 「野毛ハロウィンパレード2019」

ハロウィンイベント⑤ 「ハロウィンin多摩センター2019(東京都)」

多摩センターで開催されるハロウィンイベントです。

300個のかぼちゃのジャック・オー・ランタンをはじめ、施設を巡りお菓子がもらえる催し「トリックオアトリート」、愛犬と一緒に参加することができる仮装パレードなど楽しいイベントが満載。

仮装コンテストの優勝者には豪華賞品がもらえるチャンスも。
愛犬と挑戦されてみてはいかがでしょうか。

「ハロウィンin多摩センター2019(東京都)」

ハロウィンイベント⑥ 「元町ハロウィン2019(神奈川県)」

毎年恒例、元町商店街がオレンジ色に染まるハロウィンイベントが開催されます。
スタッフの人たちもハロウィンの仮装をされて街全体がハロウィン一色に。
10月27日(日)には、「ドッグハロウィン」が開催され、ドッグパレードやドッグセミナーの開催、フォトブースの設置、インスタグラムにて「#横浜元町ハロウィン」をつけて投稿することで元町オリジナルバッグとワンちゃんのおやつのプレゼントまで、愛犬家たちのためのイベントが盛りだくさんです。

「元町ハロウィン2019」
  • 開催日時:2019年10月27日(日)~31日(木) 10:00~17:00
    ※ドッグハロウィンは10月27日(日)
  • 参加料金:無料
  • 場所:神奈川県横浜市中区 元町商店街
  • ホームページ: 「元町ハロウィン2019」

愛犬とハロウィンおでかけ 注意点

チワワ,コスプレ

注意点① トイレマナーを必ず守ること!!

愛犬の排泄物の処理は飼い主さんが責任を持って行ってください。

特に市や町が行うパレードなどのハロウィンイベントは、犬用イベントではないため犬用トイレは設置されていません。
会場内で粗相をすることがないようパナーパンツやベルトを着用させておきましょう。

万が一粗相をしてしまった場合にはしっかりと処理して、ゴミは持ち帰るようにしてくださいね。

注意点② 人混みは危険!!

イベントによっては大混雑していることも予想されます。
そんな人混みの中で愛犬を歩かせないようにしましょう。

足もとにいる愛犬の姿は他の人の目に入らず、蹴られたり踏まれてしまう危険性が伴います。

できる限り人混みは避けること、避けられない場合には愛犬を抱っこやキャリーバッグに入れるなどして守ってあげてください。

注意点③ リード着用は必須

イベント会場内では必ず首輪とリードを着けておきましょう。

見知らぬ場所やハロウィンの異色な風景、大勢の人に驚いて愛犬が逃げ出してしまう可能性があります。
必ず飼い主さんの横に着かせて歩かせるようにしましょう。

カートやキャリーに入れている場合でも、万が一飛び出してしまったら大きな事故に繋がりかねません。フックを使用して飛び出し防止策を取っておきましょう。
また、万が一迷子になってしまった時のため、迷子札と鑑札を付けておきましょう。

注意点④ 犬が苦手な人もいることを忘れずに!!

ハロウィンイベントの参加者が全員犬好きだとは限りません。
例え犬好きの人であったとしても犬の鳴き声や飛びつきなどを不快に感じる人だっているでしょう。

愛犬の吠える・噛む・飛びつくなどの問題行動を放置せず、しっかりと対処するようにしてください。

人が多い場所は避ける、愛犬が興奮している時には人気の少ない場所で落ち着かせるなど状況に合わせた対処方法を取ってください。

注意点⑤ 拾い食いに注意

パレードなどハロウィンイベントの内容によってはお祭りのように屋台などの飲食店が出ていることもあります。
そして、人が混雑する場所では、食べ物を落としてしまう人も多いものです。
そういったものを愛犬が拾い食いしないよう十分に注意しましょう。

特に普段から拾い食い癖のある子、食いしん坊さんは要注意です。

食べてしまったものによっては、喉を詰まらせたり体に有害なものである可能性もあります。

飼い主さんもイベントの催しなどに視線が移ってしまいがちですので、より注意しておきましょう。

愛犬とハロウィン 持ち物・ハロウィングッズ

コスプレゴールデンレトリバー

持ち物

◆首輪・リード
首輪・リードの着用は必須です。
ロングリードやフレキシブルリードなどではなく、通常リードを持参しましょう。