獣医師が解説する犬の血尿  〜原因、考えられる病気、対処法〜


犬が血尿を起こす出血はどこから?どのような原因で起きているの?

犬の血尿の原因には大きく分けて、泌尿器によるものと泌尿器以外によるものが挙げられます。

また、血尿のタイミングとして排尿の初めに血尿が認められるか、常に血尿が認められるあるいは排尿の最後に血尿が認められかによって、おおむね問題となる部位が推測できます。

 

排尿の初めに血尿が認められる場合(初期血尿)

泌尿器によるものでは、犬の下部尿路(膀胱頸、尿道、膣、外陰部、陰茎、包皮)からの出血やが考えられます。

これらの出血の原因としては、外傷、感染、尿石症、腫瘍などが挙げられます。

また、泌尿器以外の原因として、発情前期、子宮炎、子宮蓄膿症、前立腺疾患、生殖器の腫瘍などが初期血尿の原因として考えられます。

 

常に血尿が認められる場合および排尿の最後に血尿が認められる場合(終末期血尿)

犬の血尿で泌尿器が原因となるもので、犬の上部尿路(膀胱、尿管、腎臓)からの出血が考えられます。

これらの出血の原因としては、外傷、感染、尿石症、腫瘍、寄生虫症薬物によるもの(シクロホスファミド)などが挙げられます。

終末期血尿は、赤血球が膀胱内に沈殿し排尿の最後に排出されるため、タイミングによって血尿がみられたりみられなかったりします。

また、泌尿器以外の原因として、前立腺疾患や止血異常、激しい運動によるものや、熱射病などが終末期血尿の原因として考えられます。

また、偽血尿といって、血尿のようにみえるけれども、実際には血尿ではないこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です