あなたはヨークシャーテリアの愛称を知ってますか?


ヨークシャーってどういう意味?

ヨークシャーテリアはイギリスが原産地で、犬種名はイギリスのヨークシャー地方に由来しています。
ちなみに、ヨークシャーの言葉を分解しますと、ヨークという地方名とシャーという言葉に分けることができます。
シャーとは古い英語の言葉で「州」を表す言葉なのです。
つまり、ヨーク州のテリア犬という意味になりますね。
では、一体どうしてヨークシャーテリアが「ヨーキー」と呼ばれるようになったのでしょう?他の犬種でも、長い犬種名を省略して呼ぶことはあっても、犬種名にわざわざ愛称がついているのは珍しいですよね。

大きさで呼び名が違うの?

例えば、トイ・プードルなどは、大きさが違う場合「トイサイズ」「ティーカップサイズ」など呼ぶ場合があります。
ティーカッププードルは正式な犬種名ではなく、どちらかと言えば愛称のようなものですが、最近ではわりと定着してきています。
ただし、JKC(ジャパンケネルクラブ)ではこのような呼び方は認められていません。
子犬を販売する側が、小さいサイズの子をこのように名付けて販売しているということです。
小さな柴犬を豆柴と呼ぶのも同じ理由です。
では、ヨークシャーテリアはどうなのでしょう?もしかして小さいヨークシャーテリアをヨーキーと呼ぶのでしょうか?いいえ、そうではないようです。
ヨークシャーテリアの愛称自体がヨーキーですので、大きさ関係なく「ヨーキー」と呼んでいます。

どういう経緯で呼ばれるようになったの?

ヨーキーはYorkieと記載します。
ではヨークシャーテリアがどのようにして「ヨーキー」になったんでしょう?例えば日本人である私たちも、お友達の名前に愛称を付ける際によくあるのが「のりこ」さんを「のんちゃん」と呼んだり、「みえこ」さんを「みーちゃん」と呼んだりしますよね? 同じように、欧米人は自分のファーストネームを略したもの、呼びやすくしたニックネームを持っていることがほとんどです。
呼び名をわざわざつける意味は、もちろん親しみをこめること。
ヨークシャーテリアが愛称を持ったのも、人々から親しみ深く思われている証拠なのですね。

ヨーキーへの変化

外国では、非常に親しい間柄だったり、子供を愛称で呼ぶ場合は、語尾に「ie」や「y」を付けて優しい響きにすることが多いそうです。
例えば「Bob」という名前の人の愛称が「Bobbie」であるように、語尾をイーと延ばすことで、随分印象が変わります。
この法則にしたがって、ヨークシャーテリアのヨークの語尾をイー音で伸ばすことによって、ヨーキーと親しみを込めて呼ばれるようになったと考えられます。
今ではかなり一般化した愛称でもあり、犬の仕事に就いている人は特に呼びやすいためかヨーキーと呼ぶことが多いそうです。

人との共存がわかる

犬種名に愛称がつけられることで、ヨークシャーテリアがいかに人々から愛されてきた犬種であるかがわかりますよね。
長きにわたり、改良を重ねられ、最初はねずみとりのための使役犬として開発されましたが、長い歴史の中でヨークシャーテリアの存在がイングランドの人々に深く刻まれてきたということでしょう。

名前の由来は面白い

ヨークシャーテリアがヨーキーと呼ばれているのはわかりましたが、もともとは州の名前から来た犬種名です。
他にも色々な犬種名がありますが、犬の種類名の由来を調べて行くととても興味深いものが多いです。
ヨークシャーテリアのように土地名から付いた種類もあれば、特徴をしめした名前がついていることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です