トイプードルはどこから迎える?ペットショップ?ブリーダー?里親?

トイプードル,白

良心的なペットショップでは、オーナー自らが子犬を見定めて仕入れているので、たくさんの犬を長年見てきたオーナーの目は間違いなくいい子犬を見分けられたりします。

悪い点

売り残りを出したくないのがペットショップの正直な所ですよね。
そのお店がどんなお店かをちゃんと見定めてから決めないと、ビジネスでしか犬を扱っていないお店だと、とにかく売ることしか目的としていませんので、ケースで過ごす新しい家が見つかるまでの間、ケアはほぼされなかったりします。

そのため食糞をする癖がついてしまったり、ストレスで自傷行為がやめられなかったりと問題のある犬になってしまうことがあります。
またその子犬がパピーミル出身のこともゼロではないです。

ブリーダーからの購入。
いい点、悪い点

いい点

いいブリーダーさんは、本当に犬を大切に大切に考えていますので、その繁殖している犬種に関してはエキスパートです。
何でも相談に乗ってもらえます。
もし、初めて犬を飼うのであればいろいろ教えてもらうことができ安心です。

またペットショップのように早くから親犬から話されるということも基本ありませんので、母親の母乳でちゃんと免疫力のある健康な子犬に育ち、兄弟たちと過ごすことにより、しっかりと社会化を済ませることができます。

悪い点

全てのブリーダーさんが犬好きのブリーダーとは限りません。
やはりビジネスとしてのブリーダーが存在するのも事実で、最悪「パピーミル」と呼ばれるブリーダーもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です