犬はセロリを食べてもいい?犬にセロリの栄養素や与える際の注意点


セロリに含まれるビタミンUは、過剰な胃酸の分泌を抑えたり、胃の粘膜を修復して守る効果があります。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防にも効果が期待されます。

犬にセロリをあげるときの量とあげ方は?

セロリに含まれる栄養素を見ていくと、様々な効果が期待され、是非とも犬に取り入れたい食材と思いますよね。

では実際、どれくらいの量をどうやってあげていったらいいでしょうか。

犬にセロリをあげる適量は?

犬にセロリをあげるには、適量あげるということが大切になります。

あげる部分は葉でも茎でもどちらでもOKです。

具体的な量は、

小型犬…20.0〜30.0g

中型犬…40.0〜50.0g

大型犬…60.0〜80.0g

になります。

ただし、これは目安になります。

犬それぞれ個体ごとに体質は違いますので、食べさせた後のウンチの状態を見ながら、あげる量は調整が必要です。

犬にセロリをどうやってあげる?

次にセロリのあげ方についてお話します。

セロリは生でも加熱でもOK

セロリには豊富なビタミンが含まれているので、生であげる場合、そういった栄養素を摂取することが可能になります。

ただセロリには、大量の食物繊維が含まれていますので、胃腸が弱い犬の場合、消化不良を起こす心配があります。

そんな時には加熱して柔らかくしてあげるようにします。

初めてセロリをあげる時は少量から

何の食べ物でもそうですが、初めてセロリをあげる時は、まず少量から試すようにします。

セロリが、愛犬の体に合っているか見極める必要があるので、普段の食事にほんの少し混ぜる程度であげることから始め、アレルギーの有無やウンチの状態を確認して、少しずつ量を増やしていきましょう。

犬にセロリをあげるときの注意点は?

セロリをあげる時には繊維に注意

犬に長いままのセロリを預け、シャリシャリとした食感を楽しませてあげたい!と願うところではありますが、セロリの茎は結構硬く、繊維がとても多いです。

そのため、セロリをあげる時には、きちんと筋を取り除くことは絶対ルールになります。