犬はガムを食べてもいい?犬用ガムの効果と与える際の注意点


 

犬,ガム犬はガムを食べても大丈夫?

犬用のガムは、犬のために開発されたガムになりますので、食べて大丈夫です。

犬用のガムには、様々種類があり、それぞれ用途も違います。

それぞれ使い分けることで、犬も楽しくおいしくガムを食べる事ができます。

犬用のガムの種類

  • オヤツ(ご褒美)として…乾燥させたチキン・馬・魚などの肉類
  • 歯磨きとして…口臭やクロロフィル配合し、歯磨きとしてのガム
  • 遊びの一環として…牛皮やアキレス腱、牛のひづめなどで作った硬いガム

があります。

犬用ガムの成分と効果

犬用のガムには、いくつか種類があることをご紹介しました。

ではそれぞれには、どんな成分があり、どのような効果が期待できるかみていきましょう。

犬のおやつとしての犬用ガム

チキンを乾燥させたガムの成分

チキンはローカロリーで、高たんぱく質で消化もいいといわれています。
また、コラーゲンが含まれているので、皮膚や関節にもいいですね。

同じように、鹿肉や馬肉のガムもあります。
同様に動物性タンパク質が多く含まれていて、嗜好性も高く、犬は喜んで食べます。

犬のおやつとしての犬用ガムの効果

なんといっても、肉の味がしっかりするガムは、犬の食欲を刺激し、美味しそうに喜んで食べます。

効果としては、来客中でうるさくしてもらいたくない時や、しつけのご褒美としてあげるのに最適です。

犬の歯磨きとしてあげる犬用ガム

犬の歯磨きガムの成分

それぞれのメーカーにより、成分には違いがあります。

基本的には、自然由来の原料で作られています。

また、歯垢が落ちやすいような成分を配合された歯磨きガムが多いのが特徴です。

(例:クロロフィル、塩酸デルモピノールなど)

最近では、アレルギー持ちの犬のために、グレインフリーのガムなどもあります。

犬の歯磨きガムの効果

ズバリ、口臭対策と歯垢予防が期待できます。

やはり歯磨きと併用しないと、ガムだけで歯垢除去は厳しいですが、歯磨き後の仕上げに、ご褒美として歯磨きガムをあげるのは効果的です。

犬の遊びとしてあげる犬用のガム

犬の遊びとしてあげる犬用のガムの成分

遊びであげるタイプの犬用ガムは、牛皮始め、アキレス腱や牛のひづめなど、ほとんどが動物性のものになります。

当然、成分も動物性タンパク質や、ミネラルやカルシウムなどが豊富です。

犬の遊びとしてあげる犬用のガムの効果

肉大好きな犬にとっては、匂いだけでも夢中になれるでしょう。

ストレス解消の一環として、思い切り噛み付く事ができ、場合によっては、付いている歯石の除去にも効果があるといいます。

犬に犬用ガムをあげるときの量とあげ方

犬に犬用のガムは1日どれくらいあげてもいい?

犬のおやつとしての犬用ガム

犬の大きさによりますが、あくまでも食事ではなく、おやつですので、カロリー過多にならないようにしなければなりません。

基準は、1日の食事量の10〜15%に抑えることです。

犬の歯磨きとしての犬用ガム

歯磨きガムのパッケージにあげる量が記載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です