犬はガムを食べてもいい?犬用ガムの効果と与える際の注意点


基本的に愛犬の大きさに合った歯磨きガムを選び、1日1本、歯磨きなどのデンタルケア後にあげるのが効果的です。

犬の遊びとしてあげる犬用のガム

牛皮や牛のひづめなど、あげても1回には食べ切れませんね。

ポイントは、あげた後永遠預けっぱなしにせず、1〜2時間噛ませたら取りあげ、また翌日あげるというようにします。

犬に犬用ガムをあげるときの注意点

犬が好んで食べるように作られたのが、犬用のガムになりますので、どの犬も多少の好みはありますが、喜んで食べます。

 

ただ飼い主の私たちは、あげて喜ぶ犬の顔を見て終わりではなく、いくつか注意しなければならないことがあります。

犬用のガムをあげたときは、丸飲みしていないか監視する

犬は食べ物をよく噛んで飲み込むということは苦手です。

 

そのため、犬用のガムをあげても、とにかく早く噛んで飲み込もうとします。

 

それでもある程度噛んで、飲み込むには問題はありませんが、稀に、大慌てで丸飲みしてしまう犬がいます。

 

そうなると、犬用のガムというのは、普通のご飯やおやつと違い、硬いものが多いので、消化されにくく、
  • 消化不良
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 腸閉塞
などになることがあります。

 

それらを防ぐためにも、犬に犬用ガムをあげるときは、飼い主がちゃんと監視する必要があり、何でも丸飲みしたがる傾向のある犬には、手で持ってあげるなどの工夫が必要です。

犬用のガムのあげすぎは危険です

犬用のガムは、あげる量というのが決まっています。

 

それを欲しがるからとあげすぎては、犬の体調不良に繋がります。

 

特に歯磨きガムなどは、1日に1本なのが基本なので、それ以上あげることで、下痢や嘔吐に繋がります。

あまり硬い犬用ガムは、歯が折れたり欠けたりします

犬用のガムとして売られている牛の皮やひづめはかなり硬いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です