犬はピーナッツを食べてもいい?犬のピーナッツの栄養素や与える際の注意点


ピーナツ,落花生

犬はピーナッツを食べても大丈夫?

犬にピーナッツは、少量であれば、食べさせても大丈夫です。

同じナッツ類である、マカダミアナッツなどは、中毒を起こすことが多いので、絶対食べさせてはいけないと言われていますが、ピーナッツ自体は犬にとって毒になる成分は含まれていません。

ピーナッツは、人が食べる時と同じように、食べ方によって、犬にとっても体にいい食べ物になります。

では、犬にとってのピーナッツの栄養素や、どうやって食べさせるのが効果的なのかなど、ご紹介していきます。

ピーナッツの栄養素・効用

大量のビタミンEで、犬のアンチエイジング

ピーナッツにはビタミンEがたくさん含まれています。

ビタミンEは強い抗酸化作用があることは有名で、細胞の老化を防ぎ、強く健康的に保つことができます。

ピーナッツに含まれるレシチンで犬が賢くなる?!

ピーナッツにはレシチンという成分が含まれています。

この成分は、脳の神経細胞の働きを活性化させる働きがあるといわれています。

人が食べると、記憶力が良くなるといわれています。

犬にとっても脳の活性化に繋がり、痴呆予防に効果が期待されます。

ピーナッツに含まれる脂質で犬の動脈硬化を予防

ピーナッツの約50%が脂質です。

ただその脂質にはオレイン酸とリノール酸が多く含まれ、それらは悪玉コレステロールを減らしてくれる働きをします。

そして、それだけではなく、コレステロールを下げる働きをしてくれることもわかっています。

多く摂取しすぎは問題ですが、適量摂取することで、動脈硬化などに効果が期待できます。

犬にピーナッツはダメといわれる理由

こうして見ていくと、良いことだらけなような気がしますよね?

でも、ピーナッツは犬にあげるべきではないという意見があるのも事実です。

ではなぜ、ピーナッツはダメという風に言われるのでしょうか。

犬にピーナッツがダメな理由1. 高カロリー

ご紹介したとおり、ピーナッツには脂質がたくさん含まれています。

1粒1粒が小さいので、ついあげすぎてしまうこともあるでしょう。