トイプードルの子犬に必要な社会化期の過ごし方


社会化って?社会化期ってなに?

よく耳にする社会化。
社会化とは、犬が人と生活して行く中で、人の世界とうまく調和して、仲良く楽しくストレスなく過ごすために犬を慣らしていくことをいいます。
そして社会化期というのは、それを行う適正期をいいます。
時期的には生後2ヶ月〜4ヶ月といわれています。

社会化期、愛犬に一体何をすればいいの?

人と暮らす上で、犬が慣れ(覚え)なければいけないことは、

  • 外の騒音。
    行き交う人や車など。
  • 犬種問わず様々な犬や、老若男女関係なくたくさんの人。
  • むやみに人に向かって吠えないことや噛まないこと。

等があります。

家に迎えたのが3ヶ月目の頃。
予防注射終わってませんけど?

本来子犬たちは母親の元、他の兄弟たちと育ち、その中で社会化を済ませるのがベストなのです。
でも現実的には社会化期が終わる前に、新しい家族の元に引き取られることが多いです。

そして、必要な予防接種も終わってないので、外を歩かせるのもリスクがありますね。
でも、社会化も大事。
どうしたらいいでしょうか。

抱っこして外に行く。

さすがに予防注射が終わってない時期に外を歩かせるのは危険です。
免疫が全くないわけではないでしょうが、危険がゼロではない以上、無理に歩かせるメリットがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です