トイプードルの子犬に必要な社会化期の過ごし方


トイプードル の基本情報

トイプードル は、定番の人気を誇る犬種になります。

賢く物覚えもいいので、犬を飼うことが初心者でも飼いやすいという特徴を持ち、被毛が抜けにくいので、アレルギー持ちの人でも比較的安心して飼うことができます。

また、トリミングが必要になる犬種になるので、自分だけのオリジナルのスタイルで、他にはいない自分だけの愛犬トイプードル にすることができるのが、その他の犬種とは違うところではないでしょうか。

様々な面から見ても、トイプードル は大変魅力的な犬種なのです。

トイプードル の身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:3.2~4.5kg
  • 体高:24~28cm以下
  • 被毛の長さ:巻毛
  • 被毛のタイプ:シングルコート
  • 毛色:ブラック、ホワイト、レッド、アプリコット、クリーム、ブラウン、ブルーなど
  • 平均寿命:12~15歳
  • 価格相場:20~30万円(血統や見た目の良さで価格はさらに上がることあり。体が小さければ小さいほど高くなる傾向あり)

トイプードル は、スタンダードプードルの小型版になります。

小さな体ではありますが、しっかりとした筋肉を持ち、体型のバランスが良く、体高と体長がほぼ同じ長さなのがトイプードル の特徴になります。

また同じトイプードル でも体型が3種類あり、

  • スクエアタイプ…トイプードル のスタンダード体型
  • ドワーフタイプ…手足がやや短く胴が長い
  • ハイオンタイプ…手足が胴より長め

とあります。

現在、ドワーフタイプがペットとしては人気がありますが、ショードッグとしては基本のスクエアタイプが王道になります。

トイプードル の性格・気質

  • 大変賢く物覚えがいい
  • ずる賢さが発揮され、たまにびっくりするいたずらをする
  • 人の気持ちを汲み取ることがうまい
  • フレンドリーで誰とでも仲良くできる
  • 愛情深い
  • 活発で遊ぶのが大好き
  • 甘えん坊
  • 基本的に穏やかだが、遊びのスイッチが入ると果てしなくはしゃぐ
トイプードル

トイプードル は性格にクセがない個体が多く、しつけもしやすく、すぐに誰とでも馴染んでくれるでしょう。

無駄吠えも多い犬種ではないので、集合住宅や住宅密集地でも問題が起きることは少ないといわれます。

大変飼いやすいトイプードル ではありますが、唯一気を付けなければならないとすれば、甘えん坊なところがあるので、それををかわいいと思い甘えさせてしまうと、果てしなく甘えん坊なトイプードル になってしまいます。

トイプードル は大変賢いので、こうやって甘えたら、○○してもらえると学習してしまいますので、メリハリあるかわいがり方をしましょう。

社会化って?社会化期ってなに?

よく耳にする社会化。

社会化とは、犬が人と生活して行く中で、人の世界とうまく調和して、仲良く楽しくストレスなく過ごすために犬を慣らしていくことをいいます。

そして社会化期というのは、それを行う適正期をいいます。

時期的には生後2ヶ月〜4ヶ月といわれています。

本来、社会化期とは…?

本来犬の社会化期とは、親犬の元で、親犬からたくさんのことを学び、兄弟と遊んだりケンカをしたりして、どう犬同士が接していくかを学ぶ時期でもあります。

犬同士の関係を学んだ後、新しい飼い主さんの元で、人との付き合い方を学んでいくというのが、理想の形になります。

ペットショップに並ぶほとんどのトイプードル たちは、この親犬や兄弟犬との関わりを深く持てていないことが多く、他の犬との付き合い方を知らないまま、私たちに飼われることになります。

なので、ペットショップからトイプードル を迎えた場合、他の犬との付き合い方も含め、私たちが教えていく必要があります。

または、ブリーダーさんからトイプードル を迎える場合、ブリーダーさんによっては、この犬同士の社会化期が終わってから、新しい飼い主さんに引き渡しというところもあります。

どちらがいいとは言い切れませんが、より犬らしく健全に育って欲しいと望むのであれば、犬同士の関係を学んでから~というのもいい方法ではないでしょうか。

トイプードル

社会化期、愛犬に一体何をすればいいの?

人と暮らす上で、犬が慣れ(覚え)なければいけないことは、

  • 外の騒音。
    行き交う人や車など。
  • 犬種問わず様々な犬や、老若男女関係なくたくさんの人。
  • むやみに人に向かって吠えないことや噛まないこと。

等があります。

社会化期をどう過ごすかで、トイプードル の性格が決まる!?

同じトイプードル でも性格はそれぞれ違いますよね。

活発だったり、おっとりしていたり…

全てそれぞれの個性ではありますが、必要以上に臆病だったり、何に対しても警戒心剥き出しというのでは、トイプードル にとっても、飼い主さんにとってもプラスではありません。

これらトイプードル の性格はどうやって決まると思いますか?

性格は3つのことから決まるといわれています。

  • 1つは、犬種の特性からなる性格
  • 2つ目は、親犬から受け継ぐ性格
  • 3つ目は社会化期をどう過ごすかで決まる性格

とあります。

それくらい、トイプードル の社会化期は大切な時期といえるわけです。

ビビリなストレスフルなトイプードル の性格にしないために、私たち飼い主がきちんとした環境を整えてあげ、社会化期を過ごさせてあげることが重要になります。

家に迎えたのが3ヶ月目の頃。
予防注射終わってませんけど?

本来子犬たちは母親の元、他の兄弟たちと育ち、その中で社会化を済ませるのがベストなのです。

ただ現実的には社会化期が終わる前に、新しい家族の元に引き取られることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です