マズルコントロールは必要?フレンチブルドッグの噛み癖の直し方


マズルコントロールのやり方は、犬が吠えたり噛んだりしたときに、マズルを軽く掴んで落ち着かせ、直ったら褒めてあげるのを繰り返していくものです。
マズルコントロールは体罰ではなく、あくまでも「吠えたり噛んだりしなくても平気だよ」と安心させるのが目的なのを、覚えておきましょう。

フレンチブルドッグにマズルコントロールは必要?

結論から言うと、フレンチブルドッグは鼻が短いため、マズルコントロールは向いていません。
獣医師さんの中には、マズルを掴めないのでその代わりに、顔を覆うようにして押さえるとよい、とアドバイスされる方もいるようです。

しかし実際のところは嫌がる場合がほとんどで、あまり効果的とは言えないでしょう。
噛み癖は、マズルコントロール以外でも十分直していけますので、別の方法を試したほうがよさそうです。

噛み癖の治し方

子犬の時期はとくに飼い主に甘えることが多く、甘噛みする姿はなんとも可愛らしいものです。
しかし決してこれを放っておかず、しっかりと叱るようにしてください。
注意するときは「ダメ」や「イケナイ」などの言葉を、目を見ながら言って伝えるようにしましょう。
叱るタイミングは噛んだすぐ直後がポイントです。
時間が経ってからでは、何に対して怒っているのかわからず、全く伝わりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です