フレンチブルドッグの歯磨きはどうする?嫌がる場合は?


歯磨きが大切な理由とは?

人間だけでなく犬にも歯磨きが大切です。
犬は人間よりも唾液が少ないので歯垢が付きやすいのです。
歯垢は虫歯の原因になりますので、歯磨きで取り除く必要があります。
もし歯磨きをしないで放置していると、歯石が溜まって取れにくい状態になってしまうほか、虫歯、歯周病を引き起こします。
歯周病が酷くなってくると歯が抜けてしまいます。
また口臭の原因にもなります。
犬は歯が丈夫で歯磨きには縁がないと考えている人もいますが、犬にも歯磨きは必要なのです。

フレンチブルドッグは食欲旺盛で、食べることが大好きなので、歯周病になって大好きなものが食べられなくなってしまうとかわいそうですね。
歯磨きは子犬の頃から習慣付けるようにしてあげると、嫌がらずに歯磨きをさせてくれるようになります。
歯の状態が悪いと内臓疾患まで引き起こす可能性があります。
フレンチブルドッグは自分で歯の状態がわかりませんし、自分で歯が磨けません。
飼い主がきれいな歯を守ってあげなくてはいけません。

歯磨きを上手にする方法は?

歯磨きは子犬の頃から少しずつ慣れさせていくようにしましょう。
成長していくにつれて大変になってきますので、家に迎えた直後、まだ乳歯から生え変わっていない頃から、遊びの一つとして、口や歯を触られることに慣れさせていくようにしましょう。
フレンチブルドッグの歯磨きには、歯磨き粉は必要ありません。
歯ブラシは指ブラシでも犬用の歯ブラシでも、使いやすいほうを使いましょう。
慣れてくれば人間の子供用の歯ブラシを使用してもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です