犬が栗を食べても大丈夫!?適量や与え方、注意点は?


細かくした栗は、そのままおやつとして与えてもいいですし、普段食べているフードにトッピングして与えてみてもよいでしょう。
ただし、カロリーオーバーにならないように、栗をあげた分はフードを減らすなどして、調節することをお忘れなく!

犬にとっての栗が体にいい理由

栗はホクホクとして甘くて美味しいだけではなく、栄養も豊富です。
では、栗に含まれている栄養素は、犬にとってどのような効能があるのでしょうか。

でんぷんが豊富でエネルギー源となる

栗には、エネルギの源であるでんぷんが非常に多く含まれています。
そのため、効率よくエネルギー補給をすることが可能です。

食物繊維が便秘改善に効果的

便通を促す働きがある食物繊維も含まれており、便秘の改善に効果があります。
また、悪玉菌を減らし、腸内環境を整える働きもあることから、腸の病気の予防にも役立ちます。

豊富なビタミンCが免疫力をアップ

栗はビタミン類も豊富なのですが、とくに抗酸化作用があり、体の免疫力をアップする働きをするビタミンCを多く含んでいます。
ビタミンCは、本来は加熱すると損失してしまいますが、栗に含まれているビタミンCは、でんぷんに包まれているおかげで、加熱しても損なわれません。
そのため、しっかりと摂取することができます。

カリウムが高血圧の予防に

栗に含まれているカリウムは、体内で余分になったナトリウムを体外に排出し、血圧を下げる働きをします。
そのため脳梗塞や脳内出血の予防に効果が期待できます。

加工品の栗をあげるのはNG

例えば栗の甘露煮などのような加工品を、犬に与えるのはNGです。
このような加工品には、糖分が多く含まれておりカロリーが高いため、犬が食べることはできません。
したがって、なにも味付けされていない、茹でた栗を与えるようにしましょう。

まとめ

栄養豊富な栗は、上手に与えれば犬の健康を損なうような心配はなさそうですね。
ただし、カロリーが高いため、そこだけは気をつけてくださいね。
また、食物繊維が豊富なので、犬の体質によっては軟便や下痢になることもあります。
犬が食べたあとは、体調のチェックも忘れずにするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です