室内で飼う犬に、専用のハウスは必要なもの?


室内放し飼いで、好きなところで寝転がったりするのもいいんです。
それはそれでいいのですが、犬の性質上、犬だけのテリトリーがあると、犬自身ホッとしたいときにそこでのんびりすることができます。
自分の居場所があることで、犬は精神的に安心することができます。
犬に不必要なストレスを与えないためにも、ハウスを1つ作ってあげることをおすすめします。

犬用のハウスの置き場所

犬は自分のテリトリーを大事にします。
ときには、誰にも触られずに、静かにお昼寝したいときもあります。
でも、同時に犬は寂しがり屋でもあります。

1匹になりたい反面、本当に人の声がしないと寂しくて落ち着かなくなったり。
なので、犬のハウスの置き場所は、できれば常に人がいるようなリビンの隅など、人の声は聞こえるけど、常に人が周りをうろつかないような場所に置いてあげるのがベストです。

犬用のハウス、手作りしませんか?

最近では、ペットショップでもインターネットを見ても、いろんなデザインの犬用のハウスが売られてます。
でも、自分の手作りしてみるっていう手もあるのです。
DIYが得意であれば、ご自宅のリビングのインテリアに合わせ、犬用のハウスもおしゃれにインテリアの一部にしてしまうこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です