柴犬のおやつ、いつから与えて大丈夫?


柴犬の基本情報

  • 原産国:日本
  • グループ:原始的な犬(5G)
  • サイズ:小型犬
  • 平均寿命:12~15歳

柴犬の概要

柴犬は日本生まれの犬種で、国の天然記念物に指定されています。

柴犬の歴史は非常に古く、私たち日本人のパートナーとして山岳地帯での猟犬として活躍してきました。
その後は番犬として飼われることが多かったですが、現代では室内でペットとして飼われていることがほとんどです。

数ある日本犬の種類の中で最も小さなサイズであり、素朴ながらも愛らしい容姿、飼い主に忠実な柴犬は長年高い人気を維持し、日本で飼われている日本犬のおよそ8割が柴犬だとも言われています。

近年では海外での人気も高く、世界中で愛されている犬種です。

柴犬の身体的特徴

  • 体重:6~11kg
  • 大きさ:小型犬
  • 体高:33~43cm
  • 毛色:「赤」「黒」「白」「胡麻」
  • 尻尾:巻き尾・差し尾
柴犬,茶、黒

柴犬の身体的特徴

【大きさ】

柴犬は体重6~11kgの小型犬に分類されています。

一般的にメスよりもオスの方がやや大きめになることが多く、体高より体長がやや長くなっています。

【顔】

顔つきは「キツネ顔」と「タヌキ顔」の2つのタイプがあります。
「キツネ顔」の方はマズルが長く「タヌキ顔」の方はマズルが短い顔つきをしています。

いずれも、三角形の立ち耳が特徴的です。

【尻尾】

また、尻尾も特徴的で背中にくるんと巻いている巻尾を持っています。

さらにその巻き尾には巻き方によって、「右巻・左巻」「右二重巻・左二重巻」「半巻」「車巻」とあり、差し尾では「太刀尾・草薙尾」「柳尾・牛蒡尾」「茶筅尾・株尾」「無尾」など様々なバリエーションがあります。

【被毛】

被毛は短く、真っ直ぐで硬いトップコートと、柔らかく密生したアンダーコートによるダブルコートからなっています。
短毛で汚れをはじく毛質をしているのでお手入れは簡単ですが、抜け毛は多い犬種となります。

【毛色】

柴犬の基本色は、4色で「赤」「黒」「白」「胡麻」になります。

「胡麻」は、赤・黒・白の毛がブレンドされた毛色のことで、希少カラーとなります。
その色の割合によって「赤胡麻」や「黒胡麻」などと呼ばれています。

柴犬の性格・気質

  • 飼い主にに愛情深く従順
  • 我慢強い
  • 警戒心が強く頑固
  • 聡明でしつけやすいが、甘やかしは厳禁!!
豆柴

小さいながらも立派な日本犬気質を持つ

柴犬は、飼い主に対してはとても愛情深く忠実に接します。
ただし昔から番犬として飼われてきただけのテリトリー意識と警戒心を持ち、見知らぬ人には懐きにくい日本犬らしい性格の持ち主です。

独立心があり、相手が飼い主であってもベタベタされることをあまり好みません。ある程度のパーソナルスペースを必要とします。
留守番を苦手としないことも多いです。

しつけでは、聡明で我慢強い性格からもしつけやすい犬種だと言われています。
ただし、元は猟犬として活躍していたような強い気質をもっているため、甘やかして育ててしまうと手がつけられなくなることも。
子犬のうちからしっかりとしつけを行っていく必要があります。

とても活発で運動が大好きな犬種なので、運動をしっかりさせてあげてストレスをため込まないよう発散させてあげること、毎日適度なコミュニケーションをとってあげることが大切です。

柴犬におやつは必要?おやつのメリットとは?

 

おやつは嗜好品

市販されている犬のおやつには様々な種類のものがあります。

中には健康に配慮されているようなおやつもありますが、基本的におやつは嗜好品として味付けが濃く塩分量も多く、カロリーも高いものが多いです。

そのため、与えすぎてしまうと犬の健康状態まで損ねてしまうことがあるので注意したいところです。

飼い主からすると「おやつだよ~」と特別なものとして与えていても、犬にはおやつと食事の違いは分からないでしょう。
そのため、嗜好性の高いおやつばかり与えていると、ドッグフードよりもおやつを欲しがってドッグフードを食べなくなってしまうこともあるでしょう。

それではおやつを与える必要はないのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、おやつを与えることにはメリットもあります。

おやつを与えるメリットとは?

◆しつけの効果があがりやすい
おすわりやふせなどのしつけを行う時のご褒美としておやつは効果的です。
ご褒美としてだけでなく、おやつを使っておすわりなどの体勢を誘導し教えることもできますよね。

◆コミュニケーションに役立つ
おやつが大好きな犬は多いです。
そんなおやつを飼い主さんからもらえることで愛犬とのコミュニケーションになります。
さらに、飼い主以外の人からもらうようにすると、他の人に慣れさせるための社会化訓練としても役立つでしょう。

柴犬におやつは必要?

多くの飼い主さんが愛犬に与えている食事はドッグフードとなるでしょう。
ドッグフードは犬にとって総合栄養食で、必要な栄養素はドッグフードだけで摂取することができるのです。

そのため栄養の面だけで考えると柴犬におやつは必要ではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です