柴犬のおやつ、いつから与えて大丈夫?


おやつはあくまで嗜好品

普段犬に与えているエサはドッグフードです。
子犬も生後3ヶ月頃から一般家庭で生活を始めることが多いですが、その時に与えるエサも水でふやかしたドッグフードです。
ドッグフードは犬にとって総合栄養食で、極端なことを言ってしまえばそれだけで必要な栄養は十分に摂取することができます。
子犬の時期は特に栄養がバランスよく配合されたドッグフードが最適な食事と言えます。

おやつを与えるのは1歳を過ぎてから

子犬の時期におやつを食べることを覚えてしまうと、おやつばかり要求するようになり我儘に育ってしまう可能性があります。
ドッグフードと違いおやつには甘みや、子犬がそれまでに口にしたことのないような味がします。
犬にも嗜好性があるため、可愛さのあまり与えすぎてしまうと犬の健康状態まで損ねてしまうことがあるのです。

おやつを与えるタイミング

おやつは何もない時にただ与えるべきではありません。
理由は前述した通りです。
1歳を超えるまではおやつを与えるべきではありませんが、犬に対するしつけはその前から始まっています。
本格的にしつけを始めるのは、犬が生後6ヶ月を超えたころです。
そこから半年はしつけに使うご褒美としてもドッグフードを使ってください。
1歳を過ぎてから徐々にそれをおやつに変えていき、言うことを聞いたからもらえるものなのだと条件付けをしていきます。
そうすることによって犬自身もむやみやたらにおやつを要求してくることは少なくなります。

与える量はどのくらいか

しつけだからと言ってむやみに与えることは控えましょう。
もし少し与え過ぎてしまったと感じた場合には、少量でいいのでドッグフードを与える量を減らしてください。
基本的には通常のしつけを行う分には、ドッグフードの量を変える必要はありません。
分量としては一回小指の爪程度で十分です。
少量ずつ与えることを意識しましょう。

与えすぎると何が問題なのか

おやつを与えすぎてしまうと、犬の身に様々なリスクが伴います。
市販されているおやつはカロリーの高いものが多く、また旨味の強いものが多いです。
そのため与えすぎは肥満や糖尿病の原因にもなります。
また人間と同じように犬にもアレルギーが存在します。
初めて与えるものに対してアレルギー反応を起こさないかどうか確認するためにも少量ずつ与える必要があるのです。

どうしてもおやつを与えたい場合

市販のものであれば極力カロリーの低いものを選びましょう。
低カロリーで水分も多く含まれており、最適なものとされているのはニンジンなどの野菜類です。
しかし生で与えてしまうと消化不良の原因になるので、湯がいたものを与えてください。
どちらにせよ与えすぎには注意しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
おやつは与えすぎると良くないこともありますが、犬と飼い主のコミュニケーションツールの一種でもあります。
適度に与える分には犬にも飼い主にもいい影響を与えてくれるのです。
上手に犬と向き合いながら、絆を深めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です