我が家のヨークシャーテリアと一緒に行きたい!ドッグカフェでのマナー


まずは、行った先のカフェが設けている犬のスペースに、ヨークシャーテリアを座らせ、人と犬のスペースを混同しないようにすることが大事になります。

またドッグカフェはドッグランと似ていて、犬同士がトラブルにならないために、基本的なしつけをしておくことは、気持ちよくドグカフェを利用するために必要なマナーです。

◆最低限のしつけ◆

  • おすわり
  • 待て
  • アイコンタクト

おすわりや待てができないと、おいしい匂いのするご飯に興奮をしてしまい、コントロール不可能になってしまっては困ります。

また、周りの環境に慣れず、永遠ワンワンと吠え続けるということも避けたいことになります。

いろいろなものに慣れさせ、カフェで、無駄吠えが止まらないということがないよう注意しましょう。

他の犬とのコミュニケーションについて

ご自身のヨークシャーテリアにもいえることですが、突然知らない人に触られることがOKな犬と、そうではない犬がいますよね。

ドッグカフェに来ているイコール、みんなお互いフレンドリーというわけではないので、他の犬にあいさつをしたい場合、まずは飼い主さんに確認するようにしましょう。

また犬同士のあいさつのときも同様になります。

突然ワーッと犬が近づいていって、不意のトラブルを招いてしまっては大変です。

ドッグカフェに持参すれば便利なグッズ

ドッグランに行くには、ワクチン接種の証明書以外になにを持参しますか?

あると便利なものがけっこうありますので、ぜひ参考になさってください。

マナーベルト・マナーパンツ

マナーベルト・マナーパンツは、内側に尿とりパッドがついているので、トイレを済ませて出かけていても、万が一、店内でのおしっこに対応することができます。

また、オスのヨークシャーテリアの場合、店内でのマーキングなども防ぐことができますので、いざというときにパニックにならないためにおすすめします。

犬用の洋服

ヨークシャーテリアは抜け毛が多い犬種ではありませんが、ゼロではありません。

特に、カットスタイルをロングにしている場合、食べ物を扱うドッグカフェでは気になってしまうかもしれません。

状況に応じて犬用の洋服を着せてみることもいいでしょう。

ステイマット

ドッグカフェの中には、犬用のスペースとして、マットを準備していてくれるところもありますが、持参するとない場合に重宝します。

特に、床で座らせておく場合など、持っておくと安心です。

犬用ウェットティッシュ、エチケット袋・トイレシートなど

万が一、店内でおしっこやうんちをしてしまった場合に必要になります。

お店に頼るのではなく、飼い主さんが自分で責任を持って、処理することがマナーになります。

犬用のお水とお皿

ドッグカフェでは、犬用のメニューがあるところもあり、犬用の水を出してくれるところもあります。

でも、全てのカフェがそうではありません。

人間用の水や食べ物を共有して使うのは、衛生的にマナー違反なのでやらないようにしましょう。

初めてドッグカフェに行くときの心がけたいこと

犬にとって、初めての場所は人以上に緊張します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です