子犬へのフードを与え方とシーズーならではの注意点について

子犬用フードの特徴

子犬の時期は、タンパク質やカルシウムなど、成長に必要な栄養をバランスよく取らなければなりません。
さらに、成長に加えて活発であるため、多くの栄養を取り入れる必要があります。
また、親から貰った免疫力も徐々に失われますので、免疫力をサポートするための成分が入っているフードもあります。
子犬は内臓機能が成長しきれていないので、子犬用フードは消化しやすく吸収しやすいように作られています。

シーズーの子犬用に作られたフードも発売されています。
シーズーは短頭種で顎が短い特徴があります。
これは、他の犬種に比べて食事がしづらい頭の形状です。
シーズーの子犬用フードは、粒の形や大きさを咬みやすく食べやすいように作られています。
このようなフードは、ペットショップで売られていますので、普通の子犬用フードが食べづらそうにしているなら、シーズー用のフードへの切り替えをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です