パピヨンの子犬が下痢をしたら?原因とその対処法を知っておこう


下痢をする原因と対処法

どの飼い主の方も愛犬の体調管理には気を配っているものですが、それでも子犬の時期は下痢をしてしまうことがあります。
一体どのようなことが原因なのでしょうか。

ストレス

子犬のパピヨンを家に迎えたとき、急に生活環境が変わったせいでストレスを感じ、下痢をすることがあります。
ただし、たいていは一過性のもので、数日経てば自然におさまってきます。
そのため、まずは様子をみるようにしましょう。
もし、あまりにも長く続くようであれば、動物病院で相談してみたほうがよいです。

ドッグフードの量や質

餌の食べ過ぎで下痢をすることも、非常によくあるケースです。
ひとまず、餌の量を半分に減らす、もしくは、元気な様子であれば、水分補給だけして食事を1~2回分抜くなどして、様子を見るとよいでしょう。
また、今までと違うドッグフードに変えたときや、成分が体に合わないとき、保管状態がよくなかったりした場合も消化不良を起こして、下痢になりやすくなります。
下痢が止まらなかったり、血便が混じっていたりするようであれば、動物病院で診察を受けたほうがよいです。

体が冷えている

体が冷えて体温が下がると腸の働きが低下し、下痢をしやすくなります。
そのため、散歩をして体を動かし、体温を上げるようにするとおさまってきます。
また、散歩は昼間の気温が高いときに行くようにし、服を着せるなどして体が冷えないように気をつけましょう。

誤飲

散歩中に落ちているものを誤飲したり、舐めてしまったりしたせいで下痢をすることも少なくありません。
場合によっては、嘔吐することもあります。
下痢と嘔吐が両方のときは、脱水症状や栄養失調になりやすいため、たいへん危険な状態です。
すぐに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

寄生虫がいる

子犬は寄生虫に寄生されやすいため注意が必要です。
寄生虫はほかの犬の排泄物や、土壌に潜んでいるため、散歩のときに感染することもあれば、母犬の胎内や母乳から感染することもあります。
とくに回虫や鉤虫が寄生すると貧血や下痢になり、ときには血便が出ることも。
長く続くとほかの病気にもなりやすくなってしまうので、獣医師の指示のもと駆虫薬を服用するようにしましょう。

下痢をしたときに注意することは?

家に迎えて間もない子犬のパピヨンが下痢をしたら、心配で早く治すことに意識がいきがちです。
しかし、便の軟らかさや色、臭いや量を記録しておくようにしましょう。
そうすることで診察の際、症状がより具体的に伝わりやすくなります。
また、定期的に検便をして、寄生虫に寄生されていないかチェックしておくことも大切です。
そして、下痢をすると体内の水分が奪われて脱水症状を引き起こしやすくなるため、こまめな水分補給もするようにしましょう。

まとめ

下痢をしたとき以外でも、普段から便の状態はよくチェックしておくようにしましょう。
排泄物には体の状態が表れるため、体調管理をしていく際の参考になります。
また、子犬の時期は、環境や気温の変化で体調を崩しやすくデリケートなときです。
とくにパピヨンは寒さに弱いので、気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です