あ!うちの子も一緒♪チワワ飼い主ならわかる、チワワのあるある事情


長時間の留守番ともなると寂しさから部屋を荒らしたりと問題行動に走ってしまうこともあるようです。

だからと言って24時間一緒にいることもできませんよね。
留守番上手になってもらえるようトレーニングしておきましょう。

お留守番に散歩や遊びの時間を作っておくこともおすすめです。

チワワあるある⑥ 大型犬相手でも強気

あらゆる犬種の中でも小さな体の持ち主のチワワですが、たとえ相手が自分よりも体の大きな大型犬であっても、「ワンワン」と立ち向かっていく事があります。
飼い主としてはヒヤヒヤする瞬間ではないでしょうか。

勇敢ともいえるこの行動、実は臆病な性格からきている可能性があります。
恐いがゆえに吠えてしまうのです。

万が一大きな犬を興奮させてしまったら、体の小さなチワワは圧倒的に不利です。
大きな犬とコミュニケーションをとらせる際は充分に注意してあげてくださいね。

チワワあるある⑦ 自分が可愛い事を知っている!?

普段から「可愛い」と言われる機会が多いせいか、チワワは自分が可愛いことを知っている子が多いです。

おやつが欲しい時や甘えたい時ウルウルとした大きな目で見つめてきたり、「可愛い」という言葉に反応したり…。まさに、あざとい系なんです。

それがまた可愛いと思ってしまう飼い主さんもあるあるですよね。

それでも甘やかしは厳禁です。
「自分が1番」と勘違いさせてしまうと問題行動も増えて困ったことになってしまうので、チワワの可愛さに負けずしっかり接していきましょうね。

チワワあるある⑧ 実は攻撃的な一面も

チワワに噛まれた経験がある飼い主さんは意外に多いのではないでしょうか。
小さくて可愛いチワワですが、実は攻撃性を持っています。

しかもその攻撃性は、ピットブルやドーベルマンなど恐いイメージを持たれやすい犬種よりも高いとのこと。
あらゆる犬種の中でもトップレベルの攻撃性の持ち主なんです。

可愛い姿からはとても想像できませんよね。

それでも実際には育て方次第で攻撃性が出ないように育てることができます。
ここでもやはり「甘やかしすぎない事」が大切となってくるでしょう。

チワワあるある⑨ 飼い主さんの居場所を常にチェック

家の中にいると飼い主さんの居場所を常に把握しようとします。
トイレに行けばトイレの前まで覗きにきたり、お風呂に入っていればいつもの場所からわざわざ移動してお風呂に少しでも近い場所で待機したりと…。

とにかく飼い主さんのことが大好きなのです。片時も離れていたくないんです。

それでも行き過ぎた後追い行動は「分離不安症」の可能性もあるので、注意しておきましょうね。

「分離不安症」とは飼い主に依存しすぎて飼い主が側にいないことに極度な不安を感じてしまう精神障害です。
飼い主の姿が見えないだけで泣き叫ぶなどの症状が見られる場合には注意しておきましょう。

チワワあるある⑩ お腹を出してクネクネ

犬にとってお腹は急所。そんなお腹を見せる行為は心を許した人にしか見せない行動です。
このお腹を飼い主さんには、やたら見せるのもチワワのあるあるですが、お腹を出してクネクネしていることはありませんか?

このクネクネする行動は遊んでいる最中にしている場合、楽しさを表現している行動なんです。

遊びが大好きなチワワですので、楽しくなってよくクネクネしているのではないでしょうか。
ちなみにこのクネクネ行動、背中がかゆい時やお気に入りのにおいを体につけたい時にもみられる行動です。

チワワの飼い主にあるある事情

チワワの飼い主あるある① 自分や家族の物より愛犬の物を買ってしまう

買い物に出掛けるとついつい立寄ってしまうのがペットショップやペットコーナー。
そこでおやつや犬服、おもちゃなどを見ていると、ついつい買ってしまうんです。
自分や家族の物を我慢してでも愛犬の物を優先してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です