マルチーズの老犬がごはんを食べない時の対処法


もう1つの原因は、病気の場合です。
食欲が低下する病気には様々あり、心臓や腎臓の病気や甲状腺ホルモン機能の低下、歯周病、がんなどがあります。
食欲が減ったと思った時は、歳だけのせいにせず病気を疑い「早期発見・早期治療」できるようかかりつけの病院に診てもらうようにしましょう。

マルチーズの老犬がごはんを食べない時の対処法

ここでは、病気ではなく体の機能が衰えたことに伴う食欲低下への対処法をご紹介します。

食欲がなくなった老犬にしてあげられることには、食事をおいしく感じさせてあげることです。
匂い・舌触り・食感を変えてあげることで食欲を誘うことができることがあります。

フードを温める・ぬるま湯でふやかす

食材の匂いを強くすることができます。
犬は味覚よりも嗅覚で味わうと言われていて、人肌温度の36~37℃に温めてあげると良いでしょう。

ドライフードからパウチタイプなどに変えてみる

犬は、食べ物の食感を重視します。
食べやすい食感のウェットなフードに変えてみたり、ドライフードをミキサーで粉砕して食べやすくしてみましょう。

低脂肪の鶏ささみやお肉、白身魚などを少量混ぜてみる

犬は、肉や魚、乳製品など動物由来の食べ物が好物なので、それらの匂いから食欲を誘ってみましょう。

甘みのあるサツマイモやかぼちゃ、りんごなどをすりおろしたものをトッピングしてみる

匂いや食感の面から、トッピングすることによって食欲を誘ってみましょう。

便の状態をチェックしましょう

身体の機能が衰えたことによる食欲低下の原因には、消化機能が衰えたことも影響します。
下痢や軟便になっている場合は消化機能が低下しているサインです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です