犬が落ち着いて留守番できるようになる方法とは?


留守番はサークルが基本

犬はもともと群れの中で生活する習性があるため、基本的に留守番が苦手です。
そのため、ひとりで部屋にいると寂しくなったり、落ち着きがなくなったりしてしまいます。
そのせいで部屋のものを荒らすこともあれば、吠えてしまうようなことも珍しくありません。

このようにならないようにするには、普段からサークルの中で過ごすことに慣れさせておくとよいでしょう。
散歩や部屋で遊ぶとき以外は、サークルで過ごすというルールにしておくことで、留守番のときもサークルで休んでいられるようになります。

サークルの中だと狭くて可哀そうと思うかもしれませんが、これは大きな誤解です。
というのも、犬は狭い場所で安心して休む習性があります。
そのため、広い部屋の中では、かえって落ち着かなくなり、不安になってしまうのです。

犬の不安や退屈を解消するには?

まず出掛けるときですが、「行ってくるね」などの声をかけずに、黙ったまま出て行くようにしましょう。
そして家に帰ってきたときも犬に構ったりせず、しばらく無視したままにしておいてください。
これは留守番を特別なことだと意識させないためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です