どんな犬種が番犬に向いているの?適している性格は?


しかし、こちらもやはり初心者ではしつけが難しく、幼犬のうちにしっかりとトレーニングをしないと、攻撃的な性格になる恐れがあります。

柴犬

かわいらしい容姿で海外でも人気がある柴犬ですが、見た目とは裏腹に警戒心が強い性格です。
そのため、飼い主には非常に懐くものの、知らない相手に対しては、果敢に吠えるようなことも珍しくありません。

この攻撃的な性格は、上手くトレーニングをすれば勇敢な番犬として役立つかもしれませんが、そうなるまでには根気よくしつける必要があります。
したがって、子犬期からのトレーニング次第で、頼もしい番犬になれるでしょう。

ヨークシャーテリア

小型犬で華奢なヨークシャーテリアが番犬に向いているの?と思うかもしれませんが、実は勝気で勇敢な性格です。
自分のテリトリーに入ってくる知らない相手に対して、吠えて向かっていくようなことも頻繁に見られます。

前述したほかの犬種と比べると、しつけやトレーニングがしやすいため、初心者の方におすすめです。

番犬として飼うときの注意点

番犬に向いているのは勇敢で警戒心が強い性格なのですが、トレーニングが上手くできないと、その性格が裏目になり無駄吠えが多い犬になってしまいます。
とくに集合住宅などでしたら、なおさら近所迷惑になってしまうでしょう。
そのため飼うときは、本当に番犬としての役割が必要なのかを、よく考えてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です