犬にオムツをする時


犬用オムツ、マナーベルト、サニタリーパンツ。
違いはなに?

犬には、オムツ以外にマナーベルト、サニタリーパンツなど様々な種類があります。
まず、マナーベルトは基本、男の子犬に使います。
特に去勢していない犬だと、おしっこをして欲しくない場所でも、マーキングをすることがあるので、出先で迷惑をかけないために使ったりします。

また、女の子犬でも、例えば、手術の後など、傷口を舐めて欲しくない時などに使ったりします。
サニタリーパンツは、女の子犬の生理の時に使うパンツですね。
そしてオムツは、シニア犬が排泄に問題を抱え始めた時に使うほか、家族と長時間の旅行で新幹線や飛行機に犬を乗せるなど、オムツをした方が、排泄をした時の処理がスムーズにできる時など利用します。

犬用オムツはいつ使う?

犬用オムツの使う目的は、基本的に人間の赤ちゃんや高齢者と同じです。
特にシニア犬の排泄に問題がある場合、どんなにしつけができている犬でも、トイレが間に合わないということがあります。
そんな時にオムツは大変役に立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です