意外と知らない犬の血統書について解説します


犬,質問

犬の血統書とは?

血統書は「血統証明書」を略した名称です。
血統書は、血統登録されている父母から生まれた子犬に対して発行されるものでで、「血統証明書」の文字通り、両親犬をはじめとした3世代前までの血筋や、生まれつきの病気がないかなどの健康状態なども示されています。
そして、血統書は純粋犬種の優れた犬質の維持向上や健全な繁殖を行う上で役立てることが目的とされています。
交配相手を決める上での資料となり、より犬質の高い犬を繁殖するために必要な祖先犬の情報を「血統証明書」という形で提供しているのです。

血統書の発行機関

血統書の発行機関はいくつかあります。
日本では一般財団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)の発行する「国際公認血統証明書」が一般的で、90%のシェアを占めていると言われています。
その他にも、

  • 公益社団法人 日本警察犬協会
  • NPO法人 日本社会福祉愛犬協会
  • 公益社団法人 日本犬保存会
  • 一般社団法人 日本コリークラブ

などの機関があります。

犬の血統書の見方

ここでは、血統書発行の90%を占める一般財団法人ジャパンケネルクラブの血統証明書の見方を紹介します。