犬の老化を感じたら介護用品を利用しよう!!


犬の老化とは?

一般的に犬は7歳からシニア期、11歳からハイシニア期と言われています。

もちろん個体差はありますが、この年齢を過ぎると徐々に老化が進んでいきます。

外見だけでなく、食事や運動面でも老化の症状を見て取ることができるようになっていきます。

愛犬に老化の症状が見られ始めたら介護用品の利用を検討しましょう。

犬の老化と介護用品

愛犬の筋力の低下を感じたら・・・おすすめの犬用介護用品

犬も老化による筋力の低下によって、足に震えや痙攣などの症状が見られるようになります。

犬が立っている時に後ろ足が震えたり、転ぶことが多くなる、上り下りができなくなるなどの症状から、最終的には自力で立ち上がることができなくなります。

そんな愛犬には、早い段階で歩行補助の介護用品を使って筋力の衰えを遅くするためにも散歩は継続してあげましょう。
下半身のみ、上半身のみ、全身用など様々な「ハーネス」や犬用の「歩行補助介護服」があります。

いずれも持ち手がついていて、衰えた体を持ち上げてあげることで歩行や起き上がりの補助をすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です