犬用のケージの選び方とおすすめ商品4選


犬用のケージとは?

ケージとは檻状で入口が開閉できる犬の家になります。

床と天井があるのが特徴です。

檻と聞くと、檻に入れるなんてかわいそうなんてお思いになりますか?

答えはその反対なんですよ。

犬はもともと狭いところが大好きです。

自分のスペースとしてケージにいることで、そこを自分のテリトリーとして、安心する場所となり、快適な場所になります。

また、檻状になっていることから、犬は外の様子がちゃんと見ることもでき、風通しもいいので、夏でも暑くなりすぎるということがありません。

犬にケージが必要なわけ

犬にケージが必要か否かは様々な意見があります。

完全放飼を希望する飼い主さんもいるでしょう。

ただ、ケースバイケースでケージは人と犬が生活する上で、随分役に立つことがあるのです。

ケージがあったほうがいい理由として、

  • トイレトレーニング…狭い範囲を行動範囲とすることで、トイレ学習が入りやすくなります。
  • 長時間の留守番…犬だけで留守番をしてもらう時、広い家に1匹だけではストレスでいたずらをしてしまうことがあります。
    狭い範囲で留守番をするほうが、犬にとっては快適になります。
  • 来客時…自宅の訪問者は、犬好きの人だけとは限りません。
    または、業者さんが家の修理に入った時などは、周りに犬がいると危険です。

常にケージに入れて生活というのは、ある意味虐待になりますが、必要なときに短時間入ってもらうのは、犬の安全のために必要なことになります。

犬用ケージの使い方

では実際犬用ケージはどのように使ったら良いのでしょうか。

使い方はいろいろありますが、基本は、犬が快適に利用できるようにすることです。

最初はゲージが何かを理解できていない犬にとっては、「怖い」という恐怖が先に立ちます。

それを無理やりケージに押し込んでしまっては、犬にとってトラウマにしかなりません。

まずは、ケージが安全なところだとわかってもらうために、犬用のベッドやクッションで居心地がいい場所を作りましょう。

そして、必ずお水を置きます。

場合によっては、オヤツで釣ってみてもいいかもしれません。

その中に入ると、いいことがあると覚えることで、ケージの中にいることが好きになるでしょう。

また、慣れるまでの間は、ケージ内でご飯を食べさせるという方法もあります。

犬がケージに慣れてきたら…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です