パグとおしゃれを楽しもう!!洋服のメリットと選び方のコツ


パグが洋服を着るメリット

パグが洋服を着るのはおしゃれだけではありません。
それぞれの季節や状況によって洋服を着せるメリットがあります。

寒さ対策

パグはスムースコートのため、寒さに弱い犬種です。
そんなパグに洋服を着せてあげると冬場の厳しい寒さから体を守ってあげることができます。

暑さと紫外線対策

短頭種のパグは、夏場の熱い空気を吸うと、肺に達するまでに熱を冷ましきれません。
体温が上がりやすく体温調整が苦手なのです。
そんなパグには、冷感素材の洋服を着せてあげることで、体温の上昇を抑えることができます。

外出時には、直射日光を防ぐこともできるので紫外線対策にもなります。
光を吸収しやすい黒パグには必須かもしれませんね。

他にも夏場に多い虫刺され対策にも繋がるでしょう。

抜け毛対策

スムースコートのため抜け毛が少ないイメージを持っている人も多いですが、パグは抜け毛が多い犬種です。
そんな抜け毛に悩まされている飼い主さんも多いでしょう。

こまめなブラッシングとともに行いたい抜け毛対策が洋服を着せる事です。
床に落ちる抜け毛を防ぎたい来客時や、車に乗せるとき、公共の場へ出かける際に洋服を着せてあげることで抜け毛が飛び散るのを防ぐことができます。

ドッグカフェなど公共施設では、マナーとして抜け毛対策のために洋服を着せることを入店ルールにしている場合もあります。

アレルギー対策や汚れ対策

好奇心旺盛なパグは、散歩などの外出時など草むらや所かまわず飛び込んでいくことも多いでしょう。

しかし、皮膚が弱いパグはアレルゲンとの接触により皮膚アレルギーを起こす可能性もあります。
そういったアレルゲンや汚れが体に付着するのを防ぐためにも洋服が活躍します。

病気やケガ・術後に

皮膚疾患が多いため、かゆみを伴う場合は患部を舐めたり噛んで痒みを解消しようとします。
症状を悪化させてしまうことにもなるので、そんな時に洋服を着せておきましょう。
皮膚に塗った薬を舐めとる心配もなくなるので、獣医師から洋服を着せるよう指示されることもあるでしょう。

パグの洋服の選び方

通常サイズの洋服を買うと失敗が多いパグの洋服。
選び方のコツを教えます。

サイズ

洋服を着せる上で、重要なのがサイズです。
洋服が大きすぎると動きづらい上、腕が抜けるとケガの心配もあります。
小さすぎると窮屈で動きづらい思いをさせてしまい洋服嫌いになってしまうこともあるでしょう。

パグにピッタリの洋服を手に入れるには、愛犬の大きさを把握しておきましょう。
首回り・着丈(背丈)・胴回りを、メジャーで図ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です