ビーグルにはどんな服を着せる?「ビーグルのファッション事情」


ビーグル犬ってどんな犬?

ビーグルと聞くと、誰もがどんな犬って想像できますよね。
そんな風にみんなが知っているくらい、人々に愛され親しまれている犬がビーグルなのです。

ビーグルはイギリスで生まれ、元々は狩猟犬として狩りをしていました。
今でもその時培われたであろうずば抜けた嗅覚を使い、警察犬や麻薬探知犬として働いているビーグルもたくさんいます。

ビーグルは、体高33〜38cm 体重8〜14kgが標準とされていて、特徴はガッチリとした体格と体高の低さ。
そして、かわいい大きな垂れ耳がチャームポイントです。
被毛は成犬になるに連れ変化していき、最終的には2〜3色に落ち着きます。

ビーグル犬は体力があり、病気にもかかりにくいといいます。
昔から集団で生活をして借りをしてきた犬なので、人や他の犬に対しもフレンドリーで比較的どんな人や犬とも仲良くできます。

ビーグルに服が必要なワケ

前述したとおり、ビーグルは体力があって丈夫な犬ではあります。
でもだからといって、服は必要ないことにはなりません。
犬を必要以上に過保護にすることは、ある意味犬に対して、虐待に近いこともあります。

その一方、ちゃんとしたルールの下、必要に応じた服の活用をすることによって、犬の生活をより快適にし、犬の健康寿命を延ばす結果を生むこともできるのです。

ビーグルに服が必要な理由はどんなことがあるでしょうか。

犬は寒暖差に弱い。
それはビーグルも同じです。

よく小型犬は寒さに弱いといいますね。
そのため、冬は暖かいセーターやジャケットを着せたりします。
では中型犬や大型犬の、特にビーグルのようなダブルコートの被毛を持つ犬種は寒さに強く、服はいらないかというと、答えはグレーです。

小型犬に比べたら寒さには強いでしょう。
ただ、犬でも人でも同じことですが、どんなに寒さに強くても、気温差には強くありません。
例えば寒い冬の日、暖かい部屋から突然寒い部屋や外に出ると、ヒートッショックを起こすことがあります。

そこまでないにしても、血管の収縮に夜心臓への負担はあるでしょう。
最近の犬たちはだいたい室内で飼われています。
当然そうなると、気温差がもたらす体への負担を考えてあげなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です