ビーグルにはどんな服を着せる?「ビーグルのファッション事情」


犬が少しでも長生きできるように、心臓を守ってあげる意味でも、気温差を作らないように服などで温めてあげる必要があるのです。

丈夫な犬ビーグルですが、気をつけたいのは…

比較的、病気にもなりにくく丈夫といわれるビーグルですが、アレルギー性皮膚炎にはなりやすい傾向があるようです。
アレルギーの原因は様々で、花粉や特定の草花、ホコリ、カビなどいろいろあります。

何がアレルゲンかは検査をしてみないとわかりませんが、仮に原因が外からの何かしらのアレルゲンだった場合、服を着ることで皮膚をそれらから守ることができます。

特に、花粉や草花のように、外にあるものの場合、服を着せることで皮膚にアレルゲンが着くのを防ぐことができます。

運動大好きなビーグルは汚れます

ビーグルは散歩が大好きです。
そして、運動量をかなり必要とする犬種でもあります。
そのため、よっぽど悪天候なら別ですが、少しくらいの天気の悪さでは、散歩に連れて行ってあげる飼い主さんが多いように思います。

張り切って楽しそうに歩く愛犬を見ると、心が和みますよね。
でも、天気が悪い日は少し複雑な気持ちも混じりませんか?ビーグルは体高が低いので、ぬかるみや水溜りなどの上を歩いてしまうと、手足だけじゃなく、お腹や下手をすると顔まで汚れてしまいます。

そんな時にやっぱり役に立つのが服ですね。
散歩の後、ぐちゃぐちゃに汚れたビーグルを毎回洗ってあげるのは一苦労ですが、服を着ていれば、汚れる範囲はかなり少なく済みます。

ビーグルが人と生活するためのマナーとして

ビーグル犬は、ダブルコートの被毛を持っています。
上毛は硬いまっすぐな被毛です。
換毛期は当然抜け毛がすごいのですが、それ以外のシーズンも抜け毛はゼロではありません。

毛が硬いので、時に飼い主さんの服に被毛が突き刺さっていることも。
それでも自分の可愛い愛犬の被毛なら、痛くも何ともありませんが、やはり外出の時は気にする必要がありますよね。

ドッグカフェや最近増えつつあり、犬と泊まれる宿などでは、他の犬やたくさんの人が同じ空間を楽しむので、マナーとして少しでも抜け毛が落ちないように服を着せてあげたいものです。

ビーグルに服のサイズ測り方

ビーグルの洋服選びは楽しいですね。
最近では小型犬だけではなく、いろんな犬種の服が売られるようになりました。
そこで、洋服を選ぶとき気にしなければならないのがサイズです。

よく服のタグなどに参考犬種として、サイズの横に犬種が載っていることがありますね。
あれは、あくまでも参考にだけしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です