もしも飼い主が新型コロナに感染したら?今すぐ行う備えとは??


新型コロナウイルスの感染は、一時は全国的に急激に広がりを見せ、このままどうなるのか不安な毎日を過ごしていました。

各自それぞれの自粛をしようという意識が、近頃のコロナ感染者減少に結びついているのか、最近ではようやく感染者数が減少傾向になりつつあります。

しかし、この新型コロナウイルス はこれから、第二波、第三波とあるのではないかといわれています。

そんな中もし、みなさんが新型コロナウイルス に感染したら、愛犬はどうしますか?

  • 同居家族がいて、その人たちに任せることはできますか?
  • 最悪、家族全員が感染したら?

感染してからではみなさんの大事な愛犬は守れません。

今回はそんな、新型コロナウイルス 対策として、もし自分が新型コロナウイルス に感染したら、愛犬をどうしたらいいのか?

今からできる備えに関してご紹介していきます。

「備えあれば憂いなし」

ぜひ参考になさってください。

自分が新型コロナウイルス に感染したら愛犬にもうつるの?

もし自分が新型コロナウイルス に感染したら、愛犬にもうつってしまうのでは?

愛犬が新型コロナウイルスに感染したら、私にもうつるのでは?

など不安になりますよね。

事実、新型コロナウイルス は、まだまだわからないことがたくさんあり、はっきりしていません。

ただし、現在世界的に見ても、ペットが新型コロナウイルス に感染したという例は、数例しかありません。

そのため、人から愛犬へ、愛犬から人へという心配は、さほど神経質になる必要はないのではないでしょうか。

それよりも、万が一自分が新型コロナウイルス に感染した場合、治療に専念しなければならず、場合によっては、長期入院での治療になるかもしれません。

その時、愛犬の世話をどうしたらいいか、ということにフォーカスすることが大切になります。

ラブラドールレトリバー,黒い犬,子どもと犬

万が一のため、犬を預けられる先を決めておこう

自分が新型コロナウイルスに感染したら、愛犬をどうしようかということを決めておきましょう。

なってからでは、自分自身が体調優れない中、様々なことを短時間でやらなければならず、そこにかかるストレスは相当なものになります。

また、状況を把握できない愛犬にも当然、負担がかかってきます。

まず、実際治療期間はどれくらいになり、いつ自宅に戻って来れるかわかりません。

余裕を持って、安心できる愛犬の預け先を決めておく必要があります。

愛犬を預けるのに適している場所は?

では、どこに愛犬を預けたらいいでしょうか?

考えられるのは、

  • 家族の家(実家や兄弟、親戚宅)
  • 信頼できる友人宅
  • かかりつけの動物病院
  • ペットホテル

などになります。

その中のどこに預けるか、どう選ぶかのポイントを見ていきましょう。

夜,犬

お迎え日が未定でも預かってくれるのはどこか?

まず、新型コロナウイルス の治療にどれくらいの日数かかり、いつ頃自宅に戻れるかは、個人差があり、事前に予測することは不可能です。

それをわかった上で、預かってくれるというところを見つける必要があります。

愛犬が安心していられる場所はどこか?

今まで数泊でも外出をする時、愛犬はどこに預けていましたか?