犬の涙やけの原因と取り方 愛犬の涙やけのホームケアについて


涙の量が多くなる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

アレルギーによるもの

ドックフードやおやつ、ハウスダストや花粉などのアレルギーで涙の量が増えてしまい涙やけになることがあります。

食事によるもの

油分や添加物の多い食事を与えていると涙もドロドロになり、涙の流れが悪くなることで涙やけの原因になる場合もあります。

外的要因によるもの

逆さまつ毛による目の炎症、目にゴミなどの異物が入る、などによっても涙の量が増えます。

疾病や先天性形状によるもの

角膜炎や結膜炎などの目の病気やドライアイ、鼻炎、涙嚢炎症、腫瘍などでも涙の量が増えます。

目に炎症をおこしている場合は、涙の量が増えるだけではなく結膜も赤くなります。

短頭種などは鼻が短いため鼻涙管の詰まりによって涙の量が増えたりします。

犬の涙やけの予防について

一度涙やけになってしまうとなかなか元の綺麗な被毛にもどすのは困難です。

涙やけの原因である涙が増えてしまう原因を取り除くことが大切です。

アレルギーが原因の涙やけの予防法

食物アレルギーが原因で涙やけになることがあります。

ドックフードやおやつを自然成分のものや低アレルゲンフードに変えてやると症状が治まることがあります。

涙の成分にはたんぱく質が含まれているため、食事のたんぱく質の量を調節して体質改善することも涙やけには有効です。

涙やけ防止用のサプリメントなどもありますので試してみるのもいいでしょう。

生活環境が原因の涙やけの予防法

ハウスダストや花粉なども涙やけの原因になります。

室内の掃除はこまめに、室内には空気清浄機などを置いて常に清潔な空気を保つようにしましょう。

花粉の季節に涙が増えて涙やけがひどくなる場合は花粉症の可能性があります。

ストレスや肥満が原因の涙やけの予防法

ストレスや運動不足からくる肥満なども涙やけの原因になるといわれています。

日頃からストレスを貯めないように毎日の散歩と適度な運動を欠かさないようにしましょう。

目の病気や炎症が原因の涙やけの予防法

結膜炎や角膜炎などの目の病気は動物病院で治療を受けましょう。

症状が治まっても点眼薬を止めたりせず完治するまで続けることが大切です。

逆さまつげからの炎症による涙やけの予防は、定期的にまつげを抜く、あるいは逆さまつげ部分の外科的切除などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です