犬の涙やけの原因と取り方 愛犬の涙やけのホームケアについて


犬の涙やけの原因を探る

涙やけとは過剰にあふれた涙で目の周りの毛が変色したものです。

何故涙やけができるのか、その原因は?どんな犬種が出やすいのか?など涙やけについて知っておきたいあれこれをお話していきましょう。

涙の持つ役割とは?

涙は98%が水分で、たんぱく質や酵素(リゾチーム)などを含んでいます。

涙は油層、水層、ムチン層の3層で眼球の表面を保護し、乾燥や細菌の侵入を防いています。

涙の持っている抗菌成分をリゾチームといいます。

リゾチームは溶菌酵素と呼ばれており細菌などの感染を防ぐ作用があり、涙の他に鼻水や唾液の中にも多く含まれています。

また犬の涙は鼻を潤す役目も持っています。

犬の涙は涙腺を通り、涙小管から涙嚢、鼻涙管から鼻へと流れます。

涙やけとは何? 

涙を出すのは目に付いたゴミや細菌を洗い流す正常な作用ですが、何らかの原因で涙の量が増えすぎると溢れ出し目頭に溜まります。

生まれつき涙小管が細い犬や、短頭犬種などで鼻涙管への流れが悪かったり、詰まったりすると、常に目から涙が溢れて流れ出す状態になります。

これらは流涙症と呼ばれ、涙やけはその症状のひとつです。

涙やけは涙に含まれる抗菌酵素のリゾチームが多量に目の周りの毛に付着し、黒く色素沈着をおこしたものです。

一度変色すると洗っただけではなかなか綺麗にはなりません。

涙やけしやすい犬種は?

・マルチーズ

・トイプードル(白)

毛色が白い犬種なので涙やけで目の周りが変色すると目立ちます。

涙やけで悩まれている飼い主さんが一番多い犬種です・

・パピヨン

・シーズー

・フレンチブルドック

・ペキニーズ

・チワワ

・ポメラニアン

これらの犬種は、目が大きい、目が飛び出している、目や鼻の周りに毛が多い、短頭犬種で目と鼻の距離が近く涙腺が詰まりやすい、などの特徴があり涙やけが多くみられます。

涙やけの原因は? 

涙やけは涙の量が通常より多くなることによっておこります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です