犬のスリングの選び方とおすすめ商品5選


そんな時にドッグスリングで抱っこしてあげることで、万が一の衝突も防げて飼い主も安心できる他、犬も安心して過ごすことができます。

犬のスリングの利用シーン⑤

~老犬や歩けない犬のお散歩に~

散歩が好きな犬は多いですよね。

それでも老化やケガ・病気によって自力で散歩することが困難になった時、大好きな散歩ができなくなってしまわないようドッグスリングでお散歩に連れて行ってあげることができます。

犬のスリングの利用シーン⑥

~災害避難の際に~

万が一の災害時にもドッグスリングが活躍します。

避難グッズを持つ必要があったり、足場が瓦礫などでケガの恐れがあるとき、人混みの中を非難するときなどに重宝するでしょう。

犬のスリングを選ぶときのポイント

様々なシーンで活躍するドッグスリングは、手軽に使うことができるので持っておいて損はありません。

それではドッグスリングを購入するとき、どのように選べばよいのでしょうか。

スリングを選ぶときのポイント①

~サイズ~

ドッグスリングは、小さすぎると犬が圧迫され窮屈な思いをしてしまいますし、大きすぎるとドッグスリングの特徴である安定感がなくなってしまいます。

ドッグスリングを選ぶ際には、他の犬用バッグなどとは違い、飼い主の体の大きさも考慮する必要があります。

飼い主の肩にたすき掛けする形になるため、犬のサイズだけで選んでしまうと、小さすぎたり大きすぎたりするのです。

飼い主の体の大きさと犬のサイズの両方を考慮してサイズを選ぶようにしましょう。

スリングを選ぶときのポイント②

~体重制限~

販売されているドッグスリングには、サイズとともに体重制限が記されています。

安全に使うための基準なので、愛犬の体重に合わせたものを選ぶようにしましょう。

スリングを選ぶときのポイント③

~利用の目的~

利用シーンによって、機能の有り無しを確認して選ぶようにしましょう。

例えば、電車移動などでも使うという場合にはフタ付きのタイプのものを、飛び出し癖がある犬の場合には、飛び出し防止フックのついているものを選ぶようにしてください。

スリングを選ぶときのポイント④

~お手入れ~

スリングを選ぶときは、洗濯や手洗いなどのお手入れができるものかどうかも確認しておきましょう。

生地によっては丸洗いできない商品もあります。

ドッグスリングは何かと汚れがちですので、長く使うためにも衛生面に注意して、お手入れができるかどうかも選ぶときに考慮しておきましょう。

犬のスリングおすすめ商品

ドッグスリングには、デザインや機能性など様々なものがあります。

今回はそんなドッグスリングの中からおすすめ商品を紹介します。

犬のスリングおすすめ商品①

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です