犬はエビを食べてもいい?犬にエビの栄養素や与える際の注意点


アミノ酸の一種で、悪玉コレステロールを抑え込み、善玉コレステロールを増やす働きをします。

また、肝機能強化にも働き、動脈硬化の予防にもなります。

そして、タウリンといえば、目にもいいことで有名ですね。

エビに含まれるビタミンEで犬のアンチエイジング

エビにはビタミンEが比較的多く含まれているのです。

ビタミンEは抗酸化作用があるので、老化防止につながります。

また、ビタミンEは血管を丈夫にし、血行をよくする働きもします。

エビに含まれるキチンで犬の免疫力アップ!

エビには、キチンという成分が含まれています。

聞きなれない名前の成分ですが、これは、コレステロール始め、有害な物質を体の外に出してくれる働きをするのです。

また、肥満防止や免疫力アップにも期待できます。

ただし、このキチン。

エビやカニの殻にだけ含まれている成分なので、殻ごと食べられる小エビなどを、上手に食べられる犬におすすめします。

犬にエビをあげるときの量とあげ方は?

犬にあげるエビの量は?

犬にエビをあげてみたいと思ったとき、迷うのはあげる量ですよね。

エビにはたくさんタンパク質が含まれていますので、チキンや魚をあげるように、メインの食材としてあげたくはなりますが、同じように、アレルギーの危険も潜んでいます。

そのため、愛犬に辛い思いをさせないために、メインの食材としてあげるのではなく、たまにあげる嗜好品として、ほんの少しあげる程度にするのがベストです。

手作りごはんのトッピングに少し添えるだけでも十分でしょう。

犬にエビをあげるときのあげ方は?

犬にエビをあげるには、どのようにしてあげたら効果的でしょうか。

犬にあげるエビは、必ず加熱すること

最初にご紹介したように、エビには酵素チアミナーゼという成分が含まれています。

これは、犬にとって良くない成分になります。

ただしこの成分は、加熱することで破壊されますので、エビをあげるときには必ず火を通してあげるようにします。

犬にあげるエビは、小さく刻んであげる

犬はもともと、どんな食べ物でも、よく噛んで飲み込むということはできません。

食べ物を引き裂くことは得意ですが、すりつぶすということは苦手です。

そのため、比較的消化が悪いエビを、ゴロッと塊であげてしまうと、消化するのに苦労してしまうのと、下手をすると消化不良を起こしかねません。

あげるときは、小さく刻んであげるか、すり潰してあげるようにしましょう。

犬にはエビの硬い殻はあげないこと

エビの尻尾や殻にはキチンの他、カルシウムも含まれています。

つい、尻尾や殻ごとあげたくなりますが、注意してください。

エビ自体、消化しにくい上、尻尾や殻は更に硬く消化しにくいものになります。

大正海老やブラックタイガーなどの大きなエビは特に、尻尾や殻は硬いので、あげるのは避けたほうが無難でしょう。

もし、どうしてもあげることをお考えであれば、カリカリにローストして、すり潰してふりかけなどにしてあげましょう。

また、桜えびや干しエビであれば、殻ごとでも食べられます。

ただその場合は、塩分に注意してください。

犬にエビをあげるときの注意点は?

犬にエビをあげるときには、ぜひ注意してもらいたいことがあります。

まずは、あげ方でもご紹介したように、生では決してあげないということや、あげすぎは体調不良の原因になるので、注意が必要です。

そして、ついついやりがちなのが、自分たちが食べているご飯のお裾分けで、ちょっと分けてあげること。

これは絶対してはいけません。

私たち人間の食べ物は、犬にとっては塩分が強すぎます。

また、例えばエビフライなどのフライものは、カロリー過多になってしまいます。

犬にエビをあげるとき、アレルギーに注意

犬は加熱さえしたらあげても大丈夫!?

答えは、「グレー」です。

確かにエビは、加熱することで、チアミナーゼという成分は破壊されてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です