フレンチブルドッグの老犬におすすめのドッグフード

シニア犬用のドッグフードはカロリーが控え目になっていて弱くなってくる関節ケアができるものが多くなっています。
シニア犬に必要な栄養素がしっかり入っているものを選ぶようにしたいですね。
おやつなども柔らかめのものを選んであげるようにしましょう。
また運動も若いときほど頻繁にはできなくなってくるので、食べ過ぎによる肥満には注意するようにしましょう。

シニア犬用のドッグフードに大切なこと

シニア犬用のドッグフードに切り替えるときは、いきなり替えてしまうことは避けて、様子を見ながら少しずつ替えていくようにしたいですね。
年齢が高くても肥満でもなく、特に大きな病気もせずに過ごしてきた犬の場合は、体の中は若いことが多いです。
しかし少しずつ老化していく体のために、必要な栄養素がしっかりと入っているドッグフードを選びましょう。
シニア向けのドッグフードの中にはカロリーを低く抑えるとともに、タンパク質までも低く抑えられているものがありますが、タンパク質は老犬にも必要なものなので、良質な肉を原材料にしているタンパク質が豊富なドッグフードを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です