夏に最適!?「きゅうり」を犬に与えるときのメリットと注意点とは?


最も栄養のない野菜「きゅうり」

実は、きゅうりはおよそ95%が水分でできていて、野菜の中で最も栄養のない野菜としてギネスに登録されています。

そんなきゅうりは犬が食べても大丈夫な食材です。
95%水分の他に、微量ながらもビタミンCやカリウム、βカロテンなどが含まれています。

  • 水分:夏場の水分補給や、高齢犬の水分補給に役立ちます。
  • ビタミンC:犬は通常ビタミンCを体内で生成されるため、外から摂取する必要はありませんが、老犬など体内でビタミンCを生成できない場合に役立ちます。
    ビタミンCはアンチエイジングや免疫力を高めてくれるほか、ストレス緩和などの効果があります。
  • カリウム:利尿作用があり、余分な塩分を排出してくれたり、むくみなどの軽減に役立ちます。
  • βカロテン:抗酸化作用があり、免疫力を高めてくれます。

きゅうりを与えるときの注意点

どんな食材でも与える際には、注意しておきたいことがあります。
きゅうりの場合も同様で、注意点がいくつかあります。

まず、きゅうりはウリ科の野菜のためウリ科のスイカやかぼちゃなどにアレルギーを持っている犬の場合は与えないよう方が良いでしょう。
初めて与える場合には少量から与え様子を伺うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です