ヨークシャテリアに服を着せよう!


ヨークシャテリアってどんな犬?

ヨークシャテリアは、チワワなどと同様、超小型犬の部類に入ります。
標準の大きさは18〜23cmで体重は2〜3kgとされています。

被毛はシングルコートで、1本1本が細くシルクのようにしなやかに輝きます。
定期的にトリミングをしないと、被毛は永遠伸び続けてしまいます。
ヨークシャテリアの性格はというと、見た目どおり気品があり、上品にあまり無駄吠えはありません。

ただし、テリアという名前だけあり、勇敢で頑固な一面もあります。
なので、やんちゃな犬になってしまうかどうかは、飼い主さんにかかっています。

ヨークシャテリアに服が必要な理由

ヨークシャテリアは、南国出身の犬じゃないし、寒さにも耐えられるだろうから、服はいらないよね!なんて思っている方。
正解のようですが、そうでもないこともあるのです。

確かに南国出身ではないので、ある程度の寒さは大丈夫でしょう。
でも見てください。
体の小ささを。
小型犬は大型犬と違い、体の体温を一定に保つのが大変苦手なのです。
気温が低ければ、体温も一気に下がってしまいますし、その逆も。

沖縄のように、年中温暖なところなら別ですが、日本の冬は、ヨークシャテリアの小型犬には寒いです。
また最近では、犬の体温を守るだけが目的ではなく、例えば、雨から体を守るレインコートや、夏紫外線予防の服、皮膚に塗った薬や傷を舐めないように防止する服と、様々な用途の服があり、それぞれ機能性が高く、快適に犬と人が生活するために、使わない理由はないのではないかと思います。

ヨークシャテリアの服のサイズ

最初にも紹介したように、ヨークシャテリアは小型犬です。
被毛がフサフサとあるので、少し大きく感じる場合もあるかもしれませんが、シャワーなどで濡れた体を見ればわかりますが、大きさ自体はチワワくらいの大きさしかありません。

それが標準のヨークシャテリアなのですが、子犬の時は小さく標準のヨークシャテリアになると思って飼っていたんだけど、みるみるうちに、デカヨーキーに?!ということがあります。
どうやらヨークシャテリアは、もともといろいろな犬種を掛け合わせて出来た犬種であり、まだ血統的に安定していないとみられるため、時にデカヨーキーになるようです。

それはそれでかわいいヨークシャテリアなのですが、服を選ぶ時に注意が必要になります。
まず、服を選ぶ前には必ず、ご自身の愛犬のサイズを把握しておく必要があります。
ペットショップでもインターネットでも、かわいい服を見つけた時、サイズを確認すると思います。
そこに、参考サイズとして、チワワやマルチーズ、トイプードル用などと犬種別で書かれていることがありますが、それらは参考にしないほうが正しいです。
どんなに同じ犬種の犬でも、体の大きさは個人差があるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です