パグがかかりやすい病気とおすすめのペット保険


パグがかかりやすい病気③ 軟口蓋過長症

パグの先天的な疾患で、上あごの粘膜(軟口蓋)が生まれつき長いため、呼吸の際に気道がふさがってしまう病気です。

呼吸や寝ている時のいびきが目立つようになり、重症だと呼吸困難を起こすことがあり鼻腔狭窄を併発していると酸素吸入などの緊急処置が必要になります。

重症の場合には、気道を確保するために手術で軟口蓋を切除する必要があります。

ペット保険の選び方

ペット保険は、保険会社によってプランもさまざま、ほとんどの保険が「通院・入院、手術のような治療費」を対象に補償をしています。

通院1日あたりの上限を○円まで補償し最大○日間補償しますといった内容です。

ある一定額に達するまでの回数や金額制限が無い場合もあります。

毎月もしくは1年分の保険料を支払うものになりますので、保険料と補償内容をしっかり比較して愛犬パグに合った保険会社を選ぶようにしましょう。

おすすめペット保険

アニコム損保 ペット保険

原則終身保障なので、ケガ・病気が再発した場合や長引く治療でも安心でき、高齢に伴い病気の発症率が高くなる場合にも安心の保険です。

au損保 ペットの保険

au損保のペット保険は、通院補償があり・なしタイプ、保険金支払い割合が50%・70%のプランが選べるペット保険で、ニーズに応じてプランを選ぶことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です