犬にレインコートを上手に着せる方法


犬のレインコートの着せ方

ポンチョタイプのレインコート

レインコート初心者犬向きのレインコートが、ポンチョタイプのレインコートになります。

犬が手足どちらも袖を通す必要がなく、背中からパフッとマントのようにレインコートを被せ、首やお腹周りをマジックテープで留めて出来上がりです。

脱着が簡単なのがメリットですが、手足が出ているので、濡れたり汚れたりする面積はつなぎタイプより多いです。

つなぎ(フルカバー)タイプのレインコート

つなぎタイプのレインコートは、犬の顔としっぽ以外はカバーできますので、完璧な防護になります。

着せ方として、基本はまず飼い主さんが犬の後ろに座り、頭から着せて、次に前足、そして後ろ足の順に着せます。

気をつけなくてはならないのは、犬の手足は人と違い、横に広がらないということです。

手足ともに決して開くことなく、着せやすいように軽く関節が折れる方向に優しく折って、着せましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です