トイプードルの子犬が噛む時は?トイプードルが噛む4つの原因と対策


トイプードルが落ち着いている時に、散歩に連れて行ったりご飯を与えたりします。

犬が噛む時は、2のケースと同じようにしつけます。
これを根気よく続けることで、犬は自分の思い通りにならないということを学びます。

トイプードルの子犬は可愛いのでついつい甘やかしたくなりますが、甘えさせるのと甘やかしは違うのでメリハリを付けましょう。

トイプードルが噛む4つの原因④ 攻撃、脳障害

愛玩犬のトイプードルには少ないですが、生まれ持って攻撃性が強い場合や脳に障害があって噛みやすいトイプードルもいます。

この場合は、素人では手に負えないのでプロに任せるほうが安全です。

しかしながら、プロでも矯正できるかは難しいところです。

トイプードルの噛む本能を引き起こさないことも大切

トイプードルに限らず犬が噛むのは、身を守るための本能です。

そのため絶対に噛まない犬というのはありえません。
普段どんなに大人しい犬でも、命の危険を感じた時には相手を噛む可能性があります。

そのため、犬が噛みたくなるような状況を作り出さないことも、重要なポイントです。

犬に危害を加える気がないと伝えるには、犬と信頼関係を築くことが大切です。

トイプードルの子犬が噛む時は?トイプードルが噛む4つの原因と対策 まとめ

トイプードルの子犬が噛むのには理由があります。

人に噛み付く場合は、しっかりしつけていくことが大切です。
家具を破壊する場合は、ストレスなどが原因かもしれません。
トイプードルとの関係をもう一度よく考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です