柴犬が安全に暮らすための環境!室内飼いも外飼いもできるって本当?


また、動物病院によってはフィラリア予防と、ノミ・ダニ駆除が同時にできる薬もあるので、確認してみることをおすすめします。

柴犬を外飼いするときの注意点② 天候によって家の中で過ごさせる

近年は気候変動の影響で、真夏は猛暑日が続きがちです。

あまりにも暑いときは柴犬も熱中症になってしまう恐れがあるので、昼間は柴犬を家の中で過ごさせるなどして体調管理をするようにしましょう。

また、冬は日が暮れると一気に冷え込むので、家の中で寝かせたほうが安心でしょう。

天候によって臨機応変に対応し、柴犬の健康を損なわないように気をつけてください。

柴犬が安全に暮らすための環境について まとめ

柴犬が安全に暮らすための環境についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

柴犬を室内飼いにするにせよ外飼いにせよ、柴犬が安全に暮らせるための環境を整えてあげましょう。
どちらの飼い方のほうがよいということはないので、現在お住まいの環境を考慮しながら、 柴犬が快適に過ごせるようにしてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です