犬の鳴き声に込められた意味。困った鳴き声対策までご紹介します


犬の鳴き声から気持ちを読み取ろう

犬が吠えるのは本能的なことで、自分の要求を伝えたり、周囲の危険を飼い主に知らせるために鳴いたりします。

つまり、犬にとって鳴くという行為は、言葉のようなものと言えるでしょう。

犬の鳴き方は感情によってそれぞれ異なります。

では、気持ちによってどのような鳴き方の違いがあるのか、みていきましょう。

要求しているときの犬の鳴き声

遊んでもらいたかったり、ごはんが欲しかったりしたときなどは、高めの澄んだ声で「ワンッ、ワンッ」と元気よく鳴きます。

非常に勢いよく鳴くのが特徴です。

不安や寂しさがあるときの犬の鳴き声

飼い主の姿が見えず不安で寂しいときなど、高めの弱々しい声で、「クーン、クーン」と鳴きます。

また、犬の種類によっては、「ヒーン、ヒーン」と聞こえることもあります。

攻撃的な気持ちになっているときの犬の鳴き声

攻撃的な気持ちになっているときは、「ウーッ、ウーッ」と低く濁った声で鳴きます。

このような状態のときに、むやみやたらに手を出すと噛まれることもあるので注意が必要です。

警戒しているときの犬の鳴き声

例えば、知らない人が家に来たときなど、自分のテリトリーを守るために、警戒して吠えることも少なくありません。

このような状態のときは、唸り声とともに「ワンッ、ワンッ」と連続して鳴く姿が見られます。

痛がっているときの犬の鳴き声

体のどこかを痛がっているときは、「キャン、キャン」と高い声で鳴きます。

このようなときの鳴き方は明らかにいつもと違うため、異変があることにすぐに気がつくでしょう。

犬が甘えて鳴いているときの対処法

飼い主のそばにいたかったり、構ってもらいたかったりするときなど、甲高い声で「クゥーン、クゥーン」や「キュン、キュン」といったように鳴いてくることがあります。

そんな姿はなんともかわいいのですが、甘え鳴きをエスカレートさせないようにするためには、以下の方法で防いでいきましょう。

犬がどんなときに甘えて鳴くのか理解する

甘えて鳴くとひと口に言っても、さまざまな状況が考えられます。

また、その状況に応じて対処の仕方も異なります。

そのため、まずはどのようなときに鳴くのかを観察するようにしましょう。

そうすることによって、事前に鳴くことを防ぐことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です